マルイ ハイキャパ エクストリーム - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルイ ハイキャパ エクストリーム

xtreme-1.JPG

ブローバックガスガン (フルオートのみ)

可変ホップアップシステム

全長   200mm

重量   862g

装弾数  31発

価格   17,640円 (税込み)


xtreme-2.JPG

ガスガンタイプのマシンピストルと言えば、
KSCのグロック18Cの様な、実銃もフルオートが出来る銃を
メーカーがモデルアップしたものか、通常のセミオートの
ガスガンとして作られた物を、エアガンショップの手によって
フルオート化されたカスタムガンがあります。
今回のエクストリームは、今までは、ショップカスタムガンの
領域だった部分にメーカーが進出してきた、
興味深いガスハンドガンですねー。


xtreme-3.JPG

ショップ製フルオート化には、お約束のショートストローク化。
それは、回転スピードのアップになりますが
同時に、スライドストップノッチがスライドストップレバーに
引っかかる部分まで後退しないので、弾を撃ち尽くしても
スライドストップしなくなって、しまいます。
個人的にスライドストップしないのは、あまり好きに
なれないので、エクストリームには期待していたのですが
ショートストロークになってました。
なので、写真の位置までしかスライドは、後退しません。
しかも、ショートリコイルも無しというオマケ付き。ワーオ!!
まあ、私も全くのショートストローク否定派ではありません。
回転スピードの早いフルオートの方が、撃ち心地が良いと
知ってますし、実戦でも有利でしょう。


xtreme-4.JPG

エクストリームの元は、ハイキャパ4.3です。
スライドの側面が艶のないシルバーで塗装され
マットブラックとのコントラストが精悍な感じです。
このシルバーは、デュアルステンレスより好感が持てます。
これに、セイバートゥースと言われるセレイションと
個性的な刻印が施されて、いかにもカスタムガン的な
外観になっています。
このあたりは、「メーカーならでは」と言ったところでしょうか。


xtreme-5.JPG

ただし、フレームのプラスチック部分は、少し安っぽく
感じます。
まあ、マルイ製らしく全体的に実戦志向の強い
エアガンになってますね。


xtreme-6.JPG

片側だけのシングルサイド・サムセイフティとグリップ
セイフティ、それにリングタイプハンマーは
クロームステンレス仕上げにされています。


xtreme-7.JPG

フルダストカバーシャーシには、ピカティニー規格の
20mmレイルが装備されています。


xtreme-8.JPG

アウターバレル、スライドストップレバーそれに
リコイルスプリングガイドとリコイルプラグも
クロームステンレス仕上げにされています。
マガジンは、ハイキャパ5.1と同じ31連タイプで
その他のハイキャパシリーズのマガジンも
共用出来ます。


xtreme-9.JPG

ホップアップの調節はダイヤル式で、
フレームからスライドを外せば行えます。
工具無しで、調節出来るのは便利ですねー。


xtreme-10.JPG

で、ショートストローク・フルオートの出来を確かめるなら
やはり、先輩のショップ「ファースト」の刹那(せつな)シリーズ
と比べるのが一番でしょう。
この刹那も、カスタムの程度による種類がありますが
今回は、ベーシックなタイプのデュアルステンレス。
外観こそ、ノーマルですが、中身はバリバリの
マシンピストルに仕上がってます。


xtreme-11.JPG

刹那の良い所は、セミ/フルの切り替えが出来ることですね。
やっぱり、セミオートも欲しいです。
切り替えは、キャンセルされたグリップセーフティの
横に、レバーがチョコンと出てますので
これを上にすると、フルオート。下にするとセミオート。
表示が無いので、たまに間違えますがね。


xtreme-12.JPG

刹那のスライドストロークは、エクストリームより
僅かに短い。けど、ほぼ同程度。
違いは、スプリングの強さ。エクストリームと比べると
かなり強い。エクストリームが弱いのか。
多分、その両方の気がします。

実射  エクストリーム

BB弾を10発装てんして、撃ってみました。
ババババッと心地よいフルオートの振動が、腕に
伝わって来ます。
フルオートなので、あまり集弾性には、こだわりませんが
こんな感じです。


xtreme-13.JPG
エクストリーム 7m 半径2cm刻みの円 10発

ガスガンには、最悪のこの季節(一月の寒波到来時)なので
マガジンを暖めても、フルオートで撃つとすぐに冷えて
しまいます。
なので、続けて撃っていると回転スピードが落ちて
ブローバックも弱々しくなり、結果銃が、ぶれない分集弾性が
良くなってしまいました。


xtreme-14.JPG
エクストリーム 7m 半径2cm刻みの円 10発


実射 刹那

刹那で、セミオート10発撃ってみました。
さすがに、マルイのハイキャパだけに、元々性能高いです。
安定していて、優秀な集弾性です。


xtreme-15.JPG
刹那 7m 半径2cm刻みの円 セミオート-10発

刹那の方が、スプリングが強い分だけ、ブローバックも
早い様に感じました。しかもリコイルショックも
けっこう強く感じました。
なので、セミオートであれだけ良かった集弾も
かなりばらけてます。
フルオートの質で言えば、刹那の方がエクストリームより
一枚上手という感触です。
暖かい季節なら、より撃って楽しいのは、刹那ですね。
まあ、価格も刹那は、22,000円しますから、なんとも。
ただし、刹那の方が寒さに弱かったですねー。


xtreme-16.JPG
刹那 7m 半径2cm刻みの円 フルオート-10発

 



ガスブローバック・フルオートシリーズ 第1弾 ハイキャパ エクストリーム 銃本体《発売済・在庫品》8,784円

 


【クレジットカード決済限定】東京マルイガスブローバック・フルオート ハイキャパ エクストリーム Hi-CAPA XTREME(フルオート専用)※対象年齢18才以上【CORE特価40%OFF】10,580円

 


東京マルイ 18才以上用ガスブローバック・フルオートハイキャパ エクストリーム12,480円



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/95-792c5558

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。