KSC P10 SD スライドHW - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC P10 SD スライドHW

p10-1.JPG

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   193mm

重量   765g

装弾数  22発

価格   21,000円 (税込み)


p10-2.JPG

同一モデルのバリエーション展開が得意なKSCから
USPコンパクトの新しいバリエーション
ドイツ警察採用モデル「P-10」が登場してきました。
これが、ただサイレンサー装着用のEXバレルと大型サイト
を装備しているだけなら、触手も伸びませんでしたが
USPシリーズとしては初となる、スライドHW(ヘビーウエイト)
と言うことで、断然興味が沸いてきました。


p10-3.JPG

外観は、やはりHWのスライドに目が行きますね。
質感的には、今まで通りで、非常に金属っぽい。
さすがに、ABSとの仕上り感の違いを感じます。
まあ、ちょっと重々しい金属っぽさでは、ありますが。
私も、このHWの仕上げは、M93R-HWから見続けているので
そろそろ、WAのカーボンブラックの様な、目新しい
仕上げを考えて頂きたいものです。


p10-4.JPG

スライドやグリップ部分の刻印は、「P-10仕様」に
変えられています。
EXバレルに装着できるサイレンサーは
残念ながら純正品のみの様ですね。


p10-5.JPG

その純正JETサイレンサーを、装着しても
サイティングに影響しない様に、フロント&リアサイトは
背高にされています。
実際サイレンサーを装着していれば、なんでもない
でしょうが、サイレンサーが無いと、
ちょっと不格好な感じもします。


p10-6.JPG

ブローバックエンジンが、システム7に移行するのに伴って
リアル感重視のスチールプレスマガジンカバー仕様から
実射性能重視の亜鉛ダイキャストの一体構造マガジンに
変更しているのが、KSCの流れ。
このUSPのマガジンも、しっかりマガジンフォロアーの
溝が付いています。
個人的には、こちらの方が、直接手でBBを装てん
し易いので好きです。
ただ、金属製のマガジンリップは、BB弾が痛んで
しまいそうで、あまり好きではありませんが。
もし、KSCのUSPやM93R、M9でシステム7かどうか
判らない時は、マガジンを見れば一目瞭然ですね。
(ロングマガジンは、システム7以前から亜鉛ダイキャスト
 一体構造マガジンです。)


p10-7.JPG

同じKSCのUSPコンパクトと比べてみました。
が、基本的には、あまり変わっていません。
P-10専用パーツリストを見ても、スライド、エキストラクター
フレーム、フロント&リアサイトにアウターバレルの6点のみ。


p10-8.JPG

それでも、黒々としたヘビーウエイトのスライドや
サイレンサー用に飛び出したアウターバレルや
サイト類など、ひと味違うコンパクトを感じます。
ですがやはり、15mm大口径シリンダー搭載のシステム7
+HWスライドを体感出来る事につきますか・・・な。

しかし時期が悪かった。こう寒いとガスガンの
本来の性能を楽しめません。


p10-9.JPG

P-10の通常分解ですが、まずマガジンを外して
スライドのスライドストップノッチを、写真の様に
スライドストップレバーの軸部分に来るまで、引きます。
するとスライドストップレバーが、手前に抜けますので
後は、スライドを前方に押し出すだけです。


p10-10.JPG

インナーバレルは、アウターバレル部分に固定されて
いないので、メンテナンスも簡単です。


p10-11.JPG

ホップアップの調節は、専用の金属製レンチを
チャンバー内側のギサギサの部分に合わし
回して行います。
スライドストップを、掛けると、レンチとスライドが干渉して
うまく回し難くなるので、適当な位置までスライドを
引いて、片方の手でスライドが動かない様に押さえながら
レンチを回すのが、簡単です。


p10-12.JPG

USPシリーズには、実銃のように、スライドを引いて
初弾を装てんする操作をしないと、弾が発射されない
リアルライブオペレーションや
専用のキーで、銃の作動をロック出来る
ロックアウトディバイスが装備されています。

実射

さむーい季節なので、システム7を、もってしても
へなへなブローバックに成ってしまいますが
少しの間、マガジンを手で暖めてから撃ってやると
途端に重くてビシッと鋭いリコイルショックに変わります。
なんとも、暖かい季節が待ち遠しいですなー。

こんな状況ですので、さぞ不安定かと思いましたが
素直に纏まってくれました。いやー気持ちいい。
ヘビーウエイトに拘っている方や、サイレンサーが
好きな方は、間違いなくP-10ですが、シンプルなUSPも
捨てがたいですよねー。
どちらも、システム7エンジンなので、迷いますよねー。
まあ、撃ち応えは比べれば、判るくらいの差でしょうけど?


p10-13.JPG
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発

 


 


KSC 18才以上用 ガスブローバックP10SD(スライドHW)17,800円

 


ガスガン ブローバックハンドガンKSC USPコンパクト P10SD17,850円

 


送料無料+即日・翌営業日出荷◆KSC P10SD 07バージョン(システム7) スライドヘビーウェイトモデル ガスブローバック・ガスガン19,320円




関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-10-18 08:32 | from -

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/87-5ed7cc42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。