ウエスタンアームズ S&W ショーティ.40 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエスタンアームズ S&W ショーティ.40

 
20091002_2745126.jpg
ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   180mm

重量   780g

装弾数  20発

価格   18,900円 
20091002_2745127.jpg 


実銃のショーティ.40は、S&Wのカスタム部門である
パフォーマンスセンターで作られています。
形的には、M59あたりを切り詰めた様な形です。
マガジンもM59と同じ、ダブルカラム(複列弾倉)だし。
私も、中学生の頃M59のモデルガンを所有して
いましたので、ショーティ.40を初めて見た時は
なんだか、懐かしく感じました。
S&Wといえば、やはりリボルバーのイメージが強く
エアガン界でも、S&Wのオートマチックは、
数が少ないので、ショーティ.40は、貴重な
存在といえます。 

20091002_2745128.jpg 


ウエスタンアームズのショーティ.40は、何度も
再販されているロングセラーモデルです。
私も、ファンの一人なのですが、その理由としては
コンパクトで塊感のあるスタイル。
HWモデルなので、小さくてもズッシリと重く仕上げも良し。
そして、スライドの操作音がとても心地良いんです。
操作感も滑らかなうえに
金属感のあるジャチッっていう音がなんとも◎。
ブローバックも、重いリコイルショックがズシッときます。
コンパクトモデルながら、マグナブローバックの凄さを
体感できます。 

20091002_2745129.jpg 


唯一、ショ-ティ.40の不満な所は、いまいち
シックリこない、グリップでしょうか。
厚みのあるグリップは、私の様な指の短い者だと
持ち難い。グリップ形状ももう少し考えてほしい。
まあ、これはウエスタンアームズにではなく
ショーティ.40自体への不満ですが。 
20091002_2745131.jpg 

サイトは、ホワイトドットが入っていて見やすいです。
ハンマーは、指をかける部分が無いタイプ。
ハンマーのテッペンには、セレーションが
入っています。 
20091002_2745132.jpg 


通常分解は、こんな感じ。
アウターバレルとインナーバレルは
ネジなどで固定は、されていません。 
20091002_2745133.jpg 


ホップアップ調節は、チャンバー底面の
六角レンチイモネジを回して行ないます。 
20091002_2745134.jpg 


同じS&WのM945コンパクトと、比べてみました。
横から見た感じは、同じ様ですが
M945は、シングルカラム(単列弾倉)なので
グリップ自体も厚みが薄く
その分、持ち易く感じます。 
20091002_2745135.jpg 


USPコンパクトと、比べてみました。
スライドの大きさが、全然違いますねー。
スタイル的には、ショーティ.40の方が好みですが
グリップは、断然USPが優秀です。

実射

コンパクトで、銃身も短いのであまり期待してなかった
のですが、結構纏まってくれました。

HW材に包まれて重量感のあるボディ。
滑らかな操作フィーリングと、撃ち応えたっぷりの
マグナブローバック。
まさに、ウエスタンアームズだからこそ、味わえる
満足感を、ギューと詰め込んだ一丁。 

20091002_2745136.jpg 

7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/73-2952cd5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。