マルシン マテバ M-M2007 - エアガン レビューーン

マルシン マテバ M-M2007

 20091002_2745111.jpg

リボルバーガスガン

可変ホップアップシステム

全長   265mm

重量   860g

装弾数  6発  (8mmBB弾)

価格   26,040円 (税込み) 

20091002_2745112.jpg 


正直な話、この銃の事も、無論名前がマテバと言う事も
功殻機動隊なる物も全く知りませんでした。
ただ、このエアガンのパッケージに、この銃の持ち主で
あろう人物が、リボルバーのシリンダーを上側に開けて
弾を込めているシーンが、描かれていましたので
アニメから製品化されたんだなとは、察しがつきました。
それからは、とにかくお勉強。映画やテレビシリーズを
見まくりました。いやー、結構大人向きなアニメでした。
やたら難しい言葉遣いの羅列には、参りましたが・・・・。
で、やっと感情移入できそうなのでレビューできます。
それでなかったら、この銃に手は伸びませんよ。 

20091002_2745113.jpg 


この銃のモデルになった、実銃マテバ2006Mは、競技用に
作られた物らしいのですが、確かに、この2007も
やたらガッシリと作られている印象ですね。
実銃で、撃ったときの銃の跳ね上りを抑えるために
銃身が、とても低い位置にあります。シリンダーの
弾の位置で言えば、普通は最上部ですが、
最下部の位置にあります。
また、普通シリンダーは、斜め下にスイングアウトしますが
上方、しかも真上までスイングアウトします。
この2つが、マテバ最大の特徴なのですが
やっぱり・・・・・・使い難い。
シリンダーが、真上まで回転するのは、ねー。
回転しきった所で、ロック機構でもあれば別ですが 
20091002_2745114.jpg 


使用する弾は、アニメでの設定通りということで
9ミリパラベラムが使われています。
9ミリパラって、オートマチック用の弾なのに、何で?
ってことで、ガッシリドッシリした銃には、この薬莢も
可愛らしく見えますね。
真鍮製の薬莢が、互いに擦れるとシャリンシャリンと
いい音を奏でてくれて、
弾の装填作業を、楽しくしてくれます。
が、内側のゴムのサイズが甘いのか
8ミリBB弾の保持が緩い様に感じました。 
20091002_2745115.jpg 


オートマチック用の9ミリパラベラムには、リボルバー用
の弾と違って、カートリッジの、リムの出っ張りが
ないのですが、エジェクターロッドで、カートリッジを
引き出せます。
これには、ちょっと感心しました。 

20091002_2745116.jpg 


銃身が低い位置にあるので、ハンマーも低い位置に
あります。
これは、シングルアクションで撃つ時に、ハンマーに
指が届き易くて、非常に楽です。
操作自体も、軽く行なえるのでシングルアクションでの
操作は、トリガーの感触も含めて◎のフィーリングです。
しかし、ダブルアクションになると、一変して
トリガーが重くなります。
なんか構造的な重さというか、滑らかさが無いんですねー。
ちょっと残念な部分です。
まあ、勢い良くフンッと引けば、あまり感じなくなりますが。 
20091002_2745117.jpg 


グリップは、非常に握り易い形をしています。
親指と中指の部分が絞り込まれていて
私の様な指の短い手でも、しっかり握れます。
見た目は、露骨なほどにプラスチックですが。 
20091002_2745118.jpg 


銃身の上の部分は、実銃だと、ウエイトと放熱の
役割をするんでしょうが、銃身自体より高さがあって
競技用のくせに、パララクス(視差)がえらいありそう。
かといって、他に良い方法は無さそうですけど。 
20091002_2745119.jpg 


シリンダーをスイングアウトさせるヨークの部分は
ちょっと貧弱な感じもするんですが
実際どうにか、なった訳ではないのでなんとも。 

20091002_2745120.jpg 


こちらの面の刻印は、こんな感じ。
んー、フルート(窪み)のないシリンダーが
無骨でいい味だしてますなー。
ヘビーウエイト材の仕上げも、重量感があってよいです。 
20091002_2745121.jpg 


ホップアップ調節は、銃身上面付け根にある
穴に、六角レンチを差し込んで行ないます。
別に穴を隠すわけでもなく、堂々としています。
隠してほしかったですれど。 
20091002_2745122.jpg 


リアサイトは、左右の調節が可能です。
マイナスドライバーを使って行ないますが
クリック感があまり無い感じ。
もう少し、カチッカチッっと動いてほしい。 
20091002_2745123.jpg 


フロントサイトは、上下の調節が出来ます。
ネジを回すと、フロントサイト全体がリフトします。 
20091002_2745124.jpg 


銃口回りは、競技銃っぽいといえば、それっぽい。
しかし、独特。
HWの銃身は、結構の重量なので、グリップが握り易い
とは、いえ、バランス的に前のめりになり易い。

実射 

グリップの底からガスを注入して、いざテスト。
マルシンの8ミリBB弾仕様の大型リボルバーは
わりと集弾性が良い(8ミリBB弾のわりに、の話)ので
このマテバも、銃身は長いし、すこし期待して撃って
みましたが、結果的には、すこし散らばりぎみ。
まあ、こんなもんかと変に納得してしまうのは
やはり、これは疑似体験するためのマテバだから。
公安9課のトグサに成りきれる、超リアルな銃なのだ。
こうなったら、他ノメンバーが使用している
オートマチックピストル「セブロ」も作って欲しいですなー。
絶対買います。欲しい人いるでしょー?

初速平均 67.2m/s  0.78ジュール 

20091002_2745125.jpg 

7m  半径2cm刻みの円 8mmBB弾6発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/72-18f4d22a