KSC M8000 クーガーF イノックス - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC M8000 クーガーF イノックス

20091002_2745092.jpg

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   180mm

重量   750g

装弾数  26発

価格   23,100円 (税込み)

20091002_2745093.jpg

シルバーモデルと言えば、何処ですかと聞かれたら
個人的には、KSCですと、答えてしまいますねー。
やはり、仕上げそのものの、クオリティからして違う。
その中でも、お気に入りなのが、クーガーですね。
シルバーの美しさもさることながら、コンパクトなボディに
握り易いグリップと、射撃の面でも使い易い。
指が短めな私は、ベレッタM92Fでもグリップが太く
握り難く感じてしまうのですが、クーガーなら
ピッタリフィットなのです。

20091002_2745094.jpg

マガジンは、リアルさを優先させたタイプ。
プレス成形のスチール製マガジンケースで覆われて
います。
なので、マガジンフォロアーの通る溝は有りません。
弾込めも、常にローダーが必要です。
まあ、10発ぐらいなら指で入れてますけど。
慣れれば割とスムーズに込められますが
段々とバネがきつくなってくるので、沢山込めるときは
素直にローダーを使ったほうがいいですね。

20091002_2745095.jpg

このスパッと切り落とした様な銃口回りや
エッジの効いたデザインが、なんともグーですな。
全体的には、ズングリしているのに、引き締まって
見えます。
(黄色っぽく写っている部分は、照明の加減です。)

20091002_2745096.jpg

フレームのパーティングラインは、完全に消されたうえに
KSCのお家芸と言える、ヘアライン加工が
施されています。
仕上げの丁寧さ、というか拘りには、感心してしまいます。
このヘアライン加工とシルバーの色合いが
絶妙な金属感をかもし出しています。

20091002_2745097.jpg

クーガー最大の特徴の、バレルが30度回転して
ロックを解除する、ローティティンバレル方式の
ショートリコイルメカも、完全再現されています。
通常は、チャンバーの部分にある突起状の物が
少し斜めの状態でありますが、

20091002_2745098.jpg

スライドが後退すると、バレルが少しずつ回転しながら
スライドと一緒に後退します。
そして、写真の様に突起部が真上に来た時に
ロックが解除されて、スライドだけが後退していきます。

20091002_2745099.jpg

通常分解してみると、特殊なシヨートリコイルメカの
構造が良く分かります。


20091002_2745100.jpg

このクーガーは古いモデルで、ホップアップ調節が
チャンバーの一番手前部分を回転させて行なう様に
なっています。
そのため、チャンバーの良く見える部分に
目盛りが彫ってあります。
これは、さすがに、リアルさに欠けますねー。
まあ、現行モデルは、分解しなくても、専用工具で
簡単に調節出来るタイプに変わっていて
目盛りも有りませんので、ご安心を。

実射

外観の仕上げは、よいのですが、やはりABSモデルなので
操作感や、操作音も、軽い感じです。
ブローバックは、今でも十分通用する位のリコイルショック
があります。スピード感は、そんなにありませんが
重いショックが、ズンと来ます。
古い個体なので、大分くたびれていると思いますが
集弾性も、そこそこの結果をだしてくれました。
個人的には、コンパクトで使い易い銃なので
今、一番07ハードキック化を望んでいるモデルですね。


20091002_2745101.jpg
7m  半径2cm刻みの円  0.2gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/70-d455d217

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。