J-Armory SPRINGFIELD MEU FORCE RECON - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-Armory SPRINGFIELD MEU FORCE RECON

 20091002_2745084.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   222mm

重量   860g

装弾数  23発

価格   25,725円 (税込み) 
20091002_2745085.jpg 


マルイがMEUピストルを出してからというもの
MEUが、マイブームになってしまいました。
マルイ製MEUピストルもなかなかの出来でしたが
もっとリアルに刻印されている物は、ないかと
探していました。
で、ウエスタンアームズの物もあったのですが、
以前から気になりつつも、一度も触った事のなかった
J-Armory製があったので、今回は、こちらを
チョイスしました。
とは、いえ内部メカ等は、ウエスタンアームズから
供給されているので、不安は、全くないですが。 

20091002_2745086.jpg 


このモデルは、アメリカ海兵隊 偵察部隊
FORCE RECON が採用したタイプ。
外観はMEU カスタムで、キングスタイプの
アンビセイフティ、ビーバーテイルグリップセイフティ
ノバックタイプリアサイト、3ホールトリガーに
デルタハンマーを装備しています。
クリップは、パックマイヤータイプのラバーグリップ。 

20091002_2745087.jpg 


今回一番拘った、スライドの刻印。
といっても、実銃を見たことが無いんだから
しょうがないですなー。
なんでも、SPRINGFIELD Customの文字が
後加工のフロントセレイションで、殆ど削り取られた
部分の再現が、超ーリアルらしい。 

20091002_2745088.jpg 


早速マルイのMEUピストルと比べてみました。
左側がマルイですが、サンドブラスト仕上げが
光を良く反射して、イメージが大分ちがって見えます。
マルイも重量が、843gあるので、持った感じは
2丁に、そんなに違いを感じませんが
J-Armoryがラバーグリップなのに対して
マルイはプラ製なので、グリップ感は、落ちます 
20091002_2745089.jpg 


ただ、見た目は、マルイがパックマイヤーの実物グリップ
に似せて、メダルや文字を入れているのに対して
J-Armoryは、どちらも入れてないので
ちょっと殺風景なグリップになっています。
まあ、どちらの銃にしても、拘る人は実物をはめなさい
と言う事でしょうか?
個人的には、標準装備にしてほしかったですが。

スライドの、こちらの面は比べられると
マルイが可愛そう。 
20091002_2745090.jpg 


リアサイトは、どちらもノバックサイトですが
J-Armoryの方は、ホワイトドットが入っています。
実銃でも、ホワイトドットの入っている物といない物と
あったらしいです。
個人的には、ホワイトドットが入っている方が
サイティングし易い様に感じます。
デルタハンマーも微妙に違っていて、J-Armoryのほうが
少し長いようです。

実射

中身は、ウエスタンアームズのマグナブローバックそのもの
なので、操作感も良いし、ブローバックも最高です。
ガツンとくるリコイルショックは、何度撃っても感激する。
集弾性は、ちょっと暴れてますが、まあまあと
いった所では、ないでしょうか。
リアルな刻印とマグナブローバックで
コレクター&お座敷シューターは、涙物ですな。 
20091002_2745091.jpg 

7m  半径2cm刻みの円 0.20gBB弾 10発
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/69-9cb40ee0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。