中国製電動ガン JLS 2018A - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製電動ガン JLS 2018A

 20091002_2745039.jpg

中国製電動ブローバック (セミ/フル)

固定ホップアップシステム 
20091002_2745040.jpg 


何故か手を出してしまう、中国製エアガン。
国産メーカーと違って、どれだけ飛ぶかまったく
予測できない。というか、信用できない。
ハズレを引くと、全く弾が飛ばず、作動音しかしない
エアガンを手にすることになる。
アタリを引けば、購入金額の何倍もする国産物と
同等のエアガンを、手にする事になる。
が、最近は、ややアタリ位が多い。
まあ、この位だろうと予想した辺りで、落ち着いている。
中国製も、ある意味安定してきたのかな?
それとも、たまたまか? 
20091002_2745041.jpg 


この電動ブローバックのデザートイーグルは、
言ってしまえば、マルイのコピー。作動音もマルイ製の
物にそっくり。
どうせなら、外観の仕上げもコピーしてほしかった。
まあ、無理か?
ただ、中国製は、そのまま売るのではなく
いろんな物をくっ付けて売っている事も多い。
このデザートイーグルも、マルイ電動ブローバックシリーズ
では、G18とP99しかないフルオート機能を搭載している。
しかし、セミ/フル切り替えスイッチは、マルイと同じ
フレーム底部のスライド式スイッチとは、芸が無い。 
20091002_2745042.jpg 


グリップセイフティや、マガジンの仕様もマルイと同じ。

中国製電動ガンといえば、バッテリー・充電器は付属。
このデザートイーグルに付属のバッテリーは
単四乾電池サイズ。なので乾電池も使用可能です。
これは、安心して、長く付き合えます。 

20091002_2745043.jpg

もう一つ、中国製といえば、豪華な装備類。
この銃にも、ドットサイト・レーザーサイト・フラッシュライト
サイレンサーに、フォアグリップ。
もーこれ以上は、付けようがない位ゴテゴテ付いてます。
まあ、サイレンサーは、ただの筒だし、フラッシュライトは
役に立たない位の明るさですが。 

20091002_2745044.jpg 


ドットサイトは、ちゃんと光るのですが、ドットが点ではなく
線になっています。光が出てる所は、ちゃんと十字に
なっているのですが。
まあ、その前にドットが投影される部分が、透明でなく
ドットサイト越しに、標的を見ることは不可能。
飾りですな。 
20091002_2745045.jpg 


これは、フル装備で、真正面から見たところ。
レーザーサイトとフォアグリップは、使えると思いました。
その二つに、もっと多弾数に出来たら
結構戦闘能力高くて使えそう。 
20091002_2745047.jpg 



この装備でフルオートは、かなり気持ちいい。
これで、ドットサイトが使えたら最高だったのに。


実射

パワー的には、マルイ製より少し高く
31.7m/s・0.05ジュールのマルイ電ブロ「M92F」に対して
37.6m/s・0.07ジュール。
まあ、10才以上用の域は出ない。なので軽い0.12g
位のBB弾がいいです。
ただ、ホップが強いのか、7Mの距離だと、これから
弾が上昇しかけた所で、的に到達する。
集弾性は、マルイ電ブロより、ちょっと悪い程度。
見た目の作りの悪さに我慢できれば
そんなに悪い選択肢では、ない気もします。
耐久性は、分かりませんが。 
20091002_2745046.jpg 

7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/64-6a9026be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。