東京マルイ プロライト - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マルイ プロライト

 20091002_2744960.jpg

マルイ電動ハンドガン用外部バッテリー
         兼 フラッシュライト

ライト機能  キセノンバルブ
         65ルーメン 連続点灯 90分

バッテリー  7.2V/1100mAhニッケル水素

         充電式

         フルオート最大5000発分供給

価格      9,980円 
20091002_2744961.jpg 


マルイ プロライトは、フラッシュライトとマルイ電動ハンドガン
シリーズの外部バッテリーの2つの機能を持ちます。
なので、パッケージには、プロライト本体と充電器の
ほかに、電動ハンドガンに電力を供給するための
ターミナルアダプターが、付属します。 

20091002_2744962.jpg 


まずは、プロライトが一番似合いそうな、G18に取り付けて
見ましょう。
最初に、レイルの底面にあるシリアルプレートを外します。
プレートは、内側から、シールで留めてあるだけなので
簡単に剥がれます。 
20091002_2744963.jpg 


次に、ターミナルアダプターの接続コードを、内側から
外に通してから、通常バッテリーを装着する位置に
ターミナルアダプターをはめ込みます。 

20091002_2744964.jpg

後は、コードをプロライトに繋いで、マウントレイルに
取り付ければ完成。
サイレンサーや、ドットサイト等のアイテムと融合して
気分は、CQB。 
20091002_2744965.jpg  


同じ電動ハンドガンでも、M93Rの場合は
マウントレイルが無いので、そのままでは装着できません。
プロライトを取り付けるには、別売のアンダーマウントレイル
が、必要になります。
しかも、フォアグリップを、取り外さないといけないので
すこし面倒では、あります。
まあ、フォアグリップは、六角レンチ一本あれば外せますし
アンダーマウントレイルも、ネジ留めが一箇所あるだけ
なので、作業自体は、比較的簡単に済みます。
普段フォアグリップを使わない人は、マウントレイルを
付けたままの方が、カッコイイかも? 
20091002_2744966.jpg 


後の作業は、G18と全く同じです。
M93RはG18より厳ついので、装備もヘビーにしてみました。
しかし、こうなると、もうハンドガンの取り回しの良さは
スポイルされてしまいます。 
20091002_2744967.jpg 


プロライトは、20mmマウントレイルに対応していますので
規格が合う物なら、どんな銃でも取り付けて
フラッシュライトとして使えます。
別売のリモートスイッチキットを使えば、より使い易く
なりますし、長物でも使えます。
写真は、ウエスタンアームズのプロキラーへの装着例。
けっして、プロ繋がりだからプロキラーを
載せた訳では、ありませんよ。 
20091002_2744968.jpg 


フラッシュライトは、本体後部から、ニョキっと
左右から出てるレバーを、どちらでも片方を押し下げれば
点灯します。
放せば、レバーは戻り消灯します。
点きっぱなしには、なりません。 
20091002_2744969.jpg 


お座敷シューターの私がフラッシュライトの評価を
するのは、難しいですが
かなりスポットで、大光量なのは、間違いないですな。
「強力なフラッシュライトは、それ自体がウエポンになる」
という言葉を思い出しました。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/57-663d45db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。