ウエスタンアームズM1934オールブラックHW - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエスタンアームズM1934オールブラックHW

 20091002_2744871.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   149mm

重量   590g

装弾数  20発

価格   16,800円  (税込み) 
20091002_2744872.jpg 


実銃ベレッタM1934は、名前の通り1934年に、イタリア軍や
警察に正式採用された名銃ですね。
映画007では、007の10年来の愛銃だったのに
パワー不足や信頼性を理由に、上司にむりやり
ワルサーPPKと交代させられてしまった、可愛そうな銃。
(M1919等の説もありますが、私はM1934だと思います。)
あれだけ007の愛銃として有名になったPPKが
実は、無理やり使わされていたなんて、ねえ。
まあ、これは映画の中での話なので・・・・・。 
20091002_2744873.jpg 


ウエスタンアームズのM1934は、とても仕上げの塗装が
良いです。仕上がり具合や質感も、とても満足いく物です。
今では、カーボンブラック仕上げも選択できますが
これは、どちらを選ぶか、難しいところです。
金属感でいえば、カーボンブラックでしょうが
独特すぎて・・・・・と思われるかも。
オールブラック仕上げは、落ち着いた感じがあります。 
20091002_2744874.jpg 


KSCのM9と比べてみました。かなりコンパクトですね。
しかし、これがズッシリと重いんです。
スライドとフレームは、勿論HW樹脂なんですが
なんとグリップが、亜鉛ダイキャスト製なんですねえ。
この小ささで、590gはかなりの重量感を味わえます。 
20091002_2744875.jpg 


WA製M1934の通常分解方法は少し変わっています。
まず、セレクターをセーフティ位置より、さらに上に上げて
スライドストップさせます。 
20091002_2744876.jpg 


そしてアウターバレルを前から押して、
アウターバレルのチャンバーの方を
スライド上部から、抜き取ります。
すると、スライドが前方にスルスルと抜けます。 
20091002_2744877.jpg 


簡単にここまで分解出来るので、
メンテナンス性は、十分でしょう。

実射

かなり小さいM1934ですが、マガジンについている
フィンガーレストのお陰で、しっかりグリップ出来ます。
ブローバックも、「マグナブローバック」だけに
キビキビと動いてくれますが、さすがに
あまり強いリコイルショックは、望めません。
弾の飛びも、あまり力強く感じなかったのですが
集弾性は、良い結果がでてます。
装弾数もダブルカラムで、20発と戦闘能力たかいかも。
しかし、撃ち終わってもスライドストップしないのは、
少し悲しいです。 
20091002_2744878.jpg 

7m  半径2cm刻みの円  0.2gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/48-c08c18c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。