マルイ電動ガン コルト M733 コマンド - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルイ電動ガン コルト M733 コマンド



電動エアガン (モーター=EG1000)

可変ホップアップシステム

全長   690mm/774mm(ストック伸長時)

重量   2,550g (バッテリー含む)

装弾数  68発

価格   29,800円  (税別)



M16系ってバリエーションがおおく、名前も色々あって訳が
分かりませんでした。
しかし、映画「ブラックホーク*ダウン」の
せいで、M733を購入。やっぱり影響されますよねえ?
動機は、それだけではなく、マルイエアガンで比べれば
コンパクトなM4よりさらに約7cmも短く、軽量で
しかも、モーターはパワフルなEG1000を搭載というのも
魅力でした。
ちなみに、M16とかM4などの数字が少ない物は、アメリカ軍
正式採用の物、M733や653など3桁の物はコルト社が
自社製品につけた名前で、600系はM16やM16A1の
700系はM16A2のバリエーションモデルらしい。



コッキングハンドルを引くと、ボルト(電動ガンでは、ただの
カバー)が後退して、ダストカバーが閉じている場合は
連動して開き、ホップアップ調節ダイヤルが顔を覗かせる。
調整に工具を一切必要としない所は◎。
しかし、位置的に少し回し難い。



キャリングハンドルは、M4と違って固定タイプ。
んー、どちらが好いかは難しい選択。
M4はキャリングハンドルを外せば、マウントレイルが出現して
光学サイトが簡単に取り付けられるので便利。
固定式はデザイン的にスッキリしてますし
専用のマウントを使えば、キャリングハンドルに
光学サイトを取り付けできます。

リアサイトは、上下左右とも、ダイヤルで簡単に調節
出来るタイプ。



アウターバレルは、軽量で剛性の高いアルミ一体型。
フラッシュハイダーを外してサイレンサーを取り付け可能。



下側のハンドガードにミニバッテリーを収納します。
ストックにラージタイプバッテリーを収納するタイプに
比べて容量が小さいのが、玉に瑕。
まあ、私の様な、お座敷シューターには関係ないですか。




M16系用マウントレイルを使えば、持ち合わせのサイトが
使えて便利ですが、
キャリングハンドル取り付け用スコープマウントリングを
つかえば、見た目にスッキリ光学サイトを取り付けられる。

実射

さすがにEG1000モーターを使っているだけに、作動に余裕
が有るのか、フルオートでも、とても静かです。
同社のステアー等に比べても全然違います。

コンパクトで軽いので、取り回しがとても楽です。
それでいて、性能もピカイチですから最高です。
人気はM4の方が有りますが、M733も捨て難いですよー。


15m   半径2cm刻みの円 0.25gBB弾

テストは15mから10発。
スコープの調整をしながらなので、右によったり、左によったり。
集弾性は、大体この位の範囲でしょうか。


15m   半径2cm刻みの円 0.25gBB弾

動画の的紙までの距離15m
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/41-b6bfb996

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。