マルイ電動ブローバック M92F military - エアガン レビューーン

マルイ電動ブローバック M92F military

20091002_2744748.jpg

電動ブローバックエアガン (10才以上用)

ホップアップシステム

全長   約217mm

重量   約328g

装弾数  15発

価格   2,980円  (税別)

20091002_2744749.jpg

この電動ブローバックシリーズのお陰で、コッキグガンと
疎遠になってしまった私ですが、今回も電ブロの方を買って
しまいました。やはり、連続して撃てるのが最大の理由
でしょうか。一発づつコッキングするのも、最初は良いですが
何発も撃ってると、めんどくさくなってしまいます。
コッキングしないといけないので
射撃姿勢が毎回崩れるっていうのもあります。
標的射撃の場合、続けて何発も撃つので
安定した姿勢は、崩したくないんですよねー。
ただ、スライドを引いて初弾を装填して撃つという、実銃や
ブローバックガスガンでは、当たり前の行為が全くなく
マガジンを装填したら、いきなり撃てる寂しさはあります。
が、これは全ての電動ガンに言える事なので
割り切らなくてはいけない部分なのですが。

20091002_2744750.jpg

電動ブローバックシリーズの定価は全て同じなので
今回は、シルバーモデルを選びました。
個人的には価格に対する仕上がり感は満足できる物です。
トリガー等、プラスチックそのままのパーツもありますが
通常のブラックモデルよりも、シルバーモデルの方が
目立たない感じですね。高級感もあります。

20091002_2744751.jpg

手でスライドを引いてみると、これだけ動きました。
ブローバックの作動量は短いです。
ハンマーは、固定で動きません。

20091002_2744752.jpg

グリップには、単四電池が四本入るので、マガジンは
必然的に細長くなってしまいます。
マガジンキャッチはダミーなので、マガジンはただ
引っ張りぬくだけです。
この構造では、難しいとは思いますが、やはり装弾数を
増やして欲しいと思うのは、贅沢でしょうか?
せっかく電動で、バシバシ撃てるのに、直ぐに弾切れでは
面白さも、半減してしまうというもの。
まあ、予備のマガジンを2、3個持つしかないんですかね。

20091002_2744753.jpg

塗装されている部分と、プラスチックそのままのパーツとの
質感のギャップが惜しい。
まあ、パーティングライン(張り合わせ痕)など、堂々と残って
ますし(というか、放置)、コスト的な割り切り方は、納得済み。
外観の綺麗な、高額電ブロなんて欲しくありません。
マルイの10才以上用電動ガンは、セイフティボタンを
押しながらトリガーを引かないと作動しません。
ミニ電動ガンシリーズはボタンではなく、レバーなので
銃によっては押しにくい物もありますが、
BOYSシリーズと電ブロシリーズは
グリップセイフティタイプなので、銃を握ると自然にセイフティ
ボタンを押せて、便利です。

実射

ブローバックスピードは「ガチャコン」と、そんなに速くはない
ですが、気分は味わえます。
パワー的には、ミニ電動ガンより威力は、あります。
ミニ電動ガンだと、5mでも的紙を貫通できたり
出来なかったりする位ですから。
集弾性は、マルイ製10才以上用エアガンの平均点レベル。
しかし、10才以上用でこの集弾性はやっぱり凄いです。
しかも私の今までの経験上、だいたい同レベルで
安定していて、「マルイを買っとけば間違いは無い」と
言えるほど、実射性能に関しては信頼しております。

20091002_2744754.jpg
7m   半径2cm刻みの円 0.12gBB弾
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/35-6477b4fe