マルシン-Five-seveN USG - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルシン-Five-seveN USG

 20091002_2744722.jpg

ブローバックガスガン (8mmBB弾仕様)

可変ホップアップシステム (LD-システム)

全長   209mm

重量   735g

装弾数  10発

価格   20,790円 (税込み) 
20091002_2744723.jpg 


ブローバックガスガン (6mmBB弾仕様)

可変ホップアップシステム (LD-システム)

全長   209mm

重量   735g

装弾数  18発

価格   20,790円 (税込み) 
20091002_2744724.jpg 


初めて、この銃を見たときの印象は「オモチャっぽいなー」
でしたね。テイクダウンラッチ、スライドストップそれに
セイフティレバーとマガジンキャッチが、目立つ色のプラ製
なのが、大きな理由。
いくら実銃の世界でポリマーフレームが流行ってるからって
これは、ないでしょうよ。と思いつつ、その異様な形から
只者では、ないなーと思ってましたが、やはり
PDW(Personal Defence Weapon)として有名なP90用
5.7×28mm特殊弾が使える
特殊部隊御用達みたいなピストルでした。
まあ、エレガントな感じは微塵もありませんが
特殊銃のオーラは、やたら出てますね。 
20091002_2744725.jpg 


どうです、この形?好き嫌いがはっきり分かれそう。
と言うか、嫌いじゃあない人でも、なかなか自分の
スタイルと合わし難いかもしれません。
まあ、P90あってのFive-seveNだけに、P90が
似合うシーンには、この銃も似合うはず。
お座敷シューターの私は、P90が大好きなんですが
それは、眺めて楽しいからではなく、構えたときの
絶妙な射撃スタイルや、撃ち易さ、コンパクトなのに
高性能といった機能面。
このFive-seveNにも、そういった所に期待して
しまいます。 
20091002_2744726.jpg 


実銃が5.7×28mm装弾数20発の多弾数マガジン
だけに、マルシンのマガも大きく重い。
しかし、装弾数は6mm仕様で18発、8mm仕様に
いたっては、10発と実銃を、大きく下回る。
珍しいんじゃあないですか?エアガンの装弾数が
実銃の物より少ないなんて。
まあ、8mm弾の場合、単列で10発装填すると
マガジンの上から下まで、ギッチリになりますから
仕方ないですねー。
8mm仕様の場合、実銃より径が2.3mmも大きい
ですから。 
20091002_2744727.jpg 


6mm仕様と8mm仕様の外観的違いは、ごく僅か。
その一つが、スライドの刻印。
6mm仕様の方は、青い色が入れられてます。
8mmの方は、何も無し。普通の刻印です。 
20091002_2744728.jpg 


もう一つが、バレル。右側の6mm仕様のバレルは
一般的な、アウターとインナーの二重構造になって
ますが、左側の8mm仕様のバレルは、インナーバレル
のみで、アウターバレルがありません。
もう少しバレルに厚みがあったら、リアルでカッコ良かった
のですがねえ。
構造的にも6mmと8mmの違いは、弾の大きさに関係する
僅かな部分に限られているので、たとえば
6mm仕様と8mm仕様のスライドを外して交換し、
マガジンも交換すれば
どちらも問題なく撃てます。 
20091002_2744729.jpg 


今回は、試供品が付属していました。
黒い円柱形のプラスチックが二つなんですが
これを壁にして、スライドストロークを短くするらしい。
その効果としては、スライドの移動量が減るので
連射性が高くなり、リコイルショックも強くなるという。 
20091002_2744730.jpg 


で、早速取り付けのため、通常分解。
マガジンを外し、スライドを引きながらテイクダウンラッチを
後方にスライドさせて、今度は、スライドを定位置より
少し前方に押し出すと、スライドがカポッと外れます。
チャンバーの上にホップ調整ネジが見えます。 
20091002_2744731.jpg 


フレームからガイドレールを外して、溝に試供品を
はめ込んだ所。これでガイドレールを取り付ければ
作業終了。
で、効果の程は、まあ、少し良くなったのかなー程度。
試供品を取り付けても、スライドストップは掛かるので
僅かにショートストローク化されているだけです。
何処かのエアガンショップのカスタムみたいに
スライドストップが掛からないほどショートストローク化
したら、違いも良く分かるんでしょうけど。
まあ、全弾打ち尽くしてもスライドストップしないのは
私は、結構嫌なので、このプチカスタムは
賛成です。個人的には、標準装備にして頂きたい位。

実射

グリップが絞り込まれた形状をしているので
結構大柄なボディにしては、グリップし易くかんじます。
スライドの操作は、音的にプラスチック感が強め。
操作その物は、トリガープルも含めて
変な癖もなく良好です。
ブローバックはスピード、強さどちらも普通と言った所で
しょうか。試供品を付けていない場合、少し大味に感じる
かもしれません。
肝心の集弾性は、8mmの場合お座敷シュターレベルの
用途位です。
6mmは、良くなると思ったのですが期待ハズレでした。 
20091002_2744732.jpg 

7m  半径2cm刻みの円  8mmBB弾 
20091002_2744733.jpg 

7m  半径2cm刻みの円  6mmBB弾

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/33-f5c6c850

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。