KSC HK45 スライド・ヘビーウエイト - エアガン レビューーン

KSC HK45 スライド・ヘビーウエイト

kschk45hw0.jpg

kschk45hw1.jpg

ブローバックガスガン

全長   204mm

重量   900g

装弾数  29発

価格   21,600円 (税込み)

kschk45hw2.jpg

KSCさんのブローバックガスガンの楽しみの一つは、通常タイプに加えて
ヘビーウエイト仕様もモデルアップしてくれるところ。
全てのモデルで、とはいきませんがね。
でも、同じモデルで違った質感や撃ち心地を味わえるのは、選択肢も増えるし
楽しいです。
このHK45も通常タイプは、すでにレビューしていますので
合わせて見てもらえばいいかな。なので省略させてもらう箇所もありますので・・・。

今回のスライドヘビーウエイトモデルは、ポリマーフレームオートの
スライドとフレームの質感のコントラストが、見た目のリアリティという点で
通常タイプより格段に良くなってますね。
KSCのヘビーウエイトの質感は、表面のザラザラ感が特徴なんですが
今回はそのザラザラは若干控えめ。
その風合いは、手に持って眺めているだけでも、所有する満足感を
満たしてくれるものです。
これは、例えば金属感バリバリのウエスタンアームズのカーボンブラックとは
また違った質感で、ワインで言うならフルボディとミディアムボディみたいな違いか。
って全然伝わってないかな?

kschk45hw3.jpg
kschk45hw6.jpg

そしてリアルな刻印類も、KSCエアガンの醍醐味のひとつ。
エキストラクターも別パーツで、実銃の雰囲気を見事に再現しています。

kschk45hw7.jpg

リアルと言えば、左側のスライドストップレバー・シャフトは
実銃通り右側スライドストップレバーを貫通しています。
なので分解時に左側スライドストップを抜くと、写真の様にぽっかり穴が
あきます。
(マルイ製は非貫通のダミー)

kschk45hw8.jpg

ヘッケラー&コックと言えば、この実銃の世界でも珍しい
セイフティとデコッキングが一体化してる、コントロールレバー。
KSCでも完全に再現されています。
このレバー、あまり横に出っ張っていない様にも見えますが
グローブを填めた指でも操作性は上々。

kschk45hw9.jpg

グリップの滑り止め加工は、実銃とは模様が異なるものの、そのきめ細かさ
は近い物があります。マルイ製は、もっと目が粗いです。
バックストラップはMサイズとSサイズに交換可能。

いくら最新のポリマーフレームオートのグリップと言えど、45口径の大型
拳銃だけに、握り心地はやはりグリップの大きさを感じてしまう。
なので私の様な手が小さい人には、交換出来るバックストラップは
少しでもフィット感をせ高めるには有り難い。

kschk45hw10.jpg

グリップ内側には銃の操作をロックできるキーがあります。
子供さんがおられる家庭や、他人が興味本位で触る事での
誤射による怪我や破損事故を防ぐことが出来ます。

また この銃は実銃と同様に、スライドを引いてチャンバーに初弾を送り込む
操作をしないと、撃つ事が出来ない「リアルライブオペレーシヨン」を搭載しています。
なので弾とガスが装てんされてるマガジンを銃に挿しただけでは
ダブルアクションのトリガーを引いても、ハンマーを起こしてトリガーを引いても
ハンマーが「パチン」と落ちるだけ。銃は射撃アクションを起こしません。
普通のガスガンなら空撃ち状態でブローバックアクションをしてしまいます。
これはリアル感と安全性を兼ね備えた、凝ったシステムだと思います。

kschk45hw11.jpg

ホップアップ調整は専用パーツをチャンバーに挿し、回転させて行います。
銃を分解しなくてもホップ調整が出来て便利ですが
スライドをこの開きぐあいでキープしておくのが、少し面倒。

kschk45hw12.jpg

マガジンリリースレバーはアンビ(両側操作可能)タイプ。
レバーを押し下げるとマガジンのロックが解除され、抜け落ちます。
一般的なボタンタイプに馴れていると、素早さが身につきませんが・・・・
好みかな~?

kschk45hw13.jpg

conv0001_20150707174754281.jpg

そのマガジンは大きく、右側のマルイ製と比べてもひと回り違いますね。

リアルに再現されている亜鉛合金の一体型マガジンの装弾数は29発。
写真の様にマガジンフォロアーが一番下でロック出来るので、弾を装てん
する時は、フォロアーを指で下げておく必要が無いので、楽で便利。

実写

重量900gの大きくてズッシリした存在感。スライドの操作感や音もそこそこ良い。
射撃はドンと期待通りの重さのブローバックです。
さすがに大型拳銃のヘビーウエイトスライドなので、ブローバックは
多少モッサリ感があるかな。
因みにとマルイ製と撃ち比べてみると、マルイ製の方が素早くて作動がキビキビ
しています。
その素早さのお陰か、リコイルショックもKSC製より重くかんじます。
まあ、比べれば多少・・・・というレベルなので、決してKSC製が良くないという
意味ではありません。

が、マルイ製もリコイルショックが重い味付けの仕様にされているとはいえ
ヘビーウエイト仕様の銃よりリコイルショックが大きいなんて。
やっぱり気になるのでスライドの部分の重量を測ってみました。



kschk45hw14.jpg

右側のKSC製が232gでマルイ製が208g。と24gほどの微妙な差。
これはあまり差が無いと言えますかな~?
なのでマルイ製も、ガツンと来るコイルショックを演出するために
かなりスライド部分を重くしているみたいですね。

ただ作動に関しては、前回発売間もないノーマルタイプのHK45をレビューした時は
スライドストップレバーの作動が悪く、全弾撃ち尽くしても
まったくスライドストップしないどころか、中途半端なスライドストップレバーの
動きのせいで、絶望的な速さでスライドストップノッチが変形してしまうという
現象が発生していましたが、今回の物は改善されているのか
スライドストップは完璧に作動し、ノッチの削れや変形も今のところ
ほぼ無し。

また、2011年頃から採用され始めたホップアップの新型ラバーチャンバーのお陰で
集弾性と安定性は抜群と言えます。
これは以前の実射性能と比べると「劇的」とも言える程のものだと思います。

撃ってよし、手にとって眺めるのも良し。
コレクターの方から実戦派の方まで、幅広いニーズに対応するエアガンに
仕上がっているお勧めの一丁ですね。
実戦でグローブ填めていたら、これくらい大きい銃の方が使いやすいのかな?

kschk45hw15.gif

距離 7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発








関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/315-ce6d11a3