マルゼン WALTHER PPK/S - エアガン レビューーン

マルゼン WALTHER PPK/S

 20091002_2744701.jpg

ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム
     (サイレンサー装着用バレルは可変ホップ)

全長   158mm

重量   380g  (可変ホップバレル装着時+36g)

装弾数  22発                        

価格   10,290円 (税込み)

       (サイレンサー/バレルセットは別売)  
20091002_2744702.jpg 


PPKといえば、少しでも銃の好きな人なら、知らない
人はいないでしょう。長い間007の愛銃でしたし。
P-38と並んでワルサーの代表的ハンドガンですね。
ワルサーPPKは、1931年に誕生しました。
しかし、PPKの全高がアメリカの輸入規制値より
短かったために、PPKより大きい、兄弟モデルPPの
フレームにPPKのバレルとスライドを組み込んで
規制をクリアし輸出されました。
この輸入規制のおかげで誕生したモデルこそ
PPK/Sなのです。 
20091002_2744703.jpg 


マルゼンNEW  PPK/Sは、2002年にリニューアルされて
登場。アドバンス・シュートメカニズムも機能向上が図られ
作動性や、実射性能がアップ。
外観も大幅に改良されました。たしかにパーティングラインも
完璧に消されてます。まあ、マガジンバンパーが、まんま
テカテカ・プラスチックなのが惜しいぐらいですか。 
20091002_2744704.jpg 


マガジンには、フォロワーを引っ掛ける部分が
最上部と最下部にあります。下は給弾ポジションで
上の写真の様な状態にして、弾を込めます。
上の部分は、空撃ちポジションです。
普通はスライドリリースレバーを指で押さえて撃てば
空撃ち出来るのですが、PPKには、レバーが無いので
空撃ちして遊ぶ時には、大変便利です。
ちなみに、通常の射撃で全弾撃ちつくしてスライドストップ
したときには、マガジンを少し抜くか、弾の入ったマガジン
に取り替えて、スライドを引き直せば、元にもどります。 
20091002_2744705.jpg 


個人的に、PPKほどサイレンサーの似合うハンドガンはないと
思うのですが、どうでしょう。
まあ、映画の影響でしょうかね。
ロングサイレンサーとセットでも販売されていますが
わたしは、ショートの方が美しいと思うので(消音効果は
べつにして)別々に購入しました。
ショートリコイルしないストレートブローバック(実銃も同じ)なので、
サイレンサーを装着しても作動性への影響がないのも、いい所。 
20091002_2744706.jpg 


PPKの通常分解は、簡単にできます。
まず、ハンドガード前方を引き抜き
左右どちらかに、引っ掛けます。 
20091002_2744707.jpg 


そして、スライドを後方に引いて、上に引き上げると
スライド後部が、外れます。
そのまま、スライドを前方に押し出せば完全に外せます。 
20091002_2744708.jpg 


サイレンサー装着用アウターバレルは、可変ホップ
なので、チャンバー上部にホップ調節用ネジが
見えます。 
20091002_2744709.jpg 


PPK/Sは、見た目の小ささから想像するより断然持ちやすいです。
結構グリップが厚みあるんですねー。
しかもグロックみたいにグリップが、平べったくなく
ほぼ楕円形。なので自然にギュッと握れます。 
20091002_2744710.jpg 

7m   半径2cm刻みの円  0.25gのBB弾10発

実射

トリガーフィーリングは、ダブル・シングルアクション
どちらとも、癖もなく滑らか。
特筆すべきはブローバックで、リコイルショックが
かなりガツンときます。そのうち壊れてしまうんじゃあ
ないかと思うほど。スライドスピードも早く、ブローバックに
関しては、大満足。ただし、冷えには弱いみたいで、
寒い季節や、連射してマガジンが冷えてくると、
それなりに、弱弱しくなってきます。
初弾装填時の操作音もプラスチック感たっぷりで
いまいち。
肝心の集弾性は、このクラスにしては、良いと思います。
安定感もあります。
仕上げが良く、ブローバックや集弾性も文句のつけようが
無く価格も安いとなれば、買うしかないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/31-f6aea07e