用語集 スライドストップ・ノッチ - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語集 スライドストップ・ノッチ

実銃のオートマチック・ハンドガンやアサルトライフルは

撃つと、そのガス圧でスライドが(アサルトライフルの場合はボルトが)

後退して薬莢を排出して、今度はスライドが前進して戻る時に

次の弾をマガジンから拾って、チャンバーに装てんし

次の弾を撃つ準備が完了します。

まさに自動=オートマチックですね。

で、多くの場合、全ての弾を撃ち尽くすとスライドが

(アサルトライフルの場合はボルトが)開いたままで止まります。

これは、射手に弾が尽きた事を知らせるとともに、素早いマガジン交換を

可能にします。

全弾撃ち尽くすと、スライドが後退した時にスライドストップ・リリースレバーが

作動してスライドに引っ掛かり、スライドが後退したままで止まります。

このスライドが引っ掛かる部分をスライドストップノッチと呼びます。

s.jpg


スライドストップ作動時に、実銃の場合はスライドもスライドストップ・リリースレバーも

金属製なので、磨耗に関しては問題無いのですが、国産ブローバックガスガンの

場合、スライドはプラスチックでスライドストップ・リリースレバーは金属です。

なので一昔前のエアガンだと、長い期間スライドストップを作動させ続けると、

スライドストップ・ノッチのリリースレバーが当たる部分が、除々に変形

してしまうという現象が起きていました。

s2.jpg

変形が酷くなると、終にはリリースレバーが引っ掛からなくなり

全弾撃ち尽くしても、スライドがオープン状態で止まる事が出きなくなります。

最近ではスライドストップ・ノッチの変形を防止するため、対策を施しているメーカーも

増えてきました。

s3.jpg

こちらはウエスタンアームズ製、M.E.Uピストルのスライドストップ・ノッチですが

スライドストップ・リリースレバーと干渉する部分に金属プレートが

埋め込まれて、プラスチック部分の変形を防いでいます。

s5.jpg

これは、東京マルイ製のグロック18.

同じ様にスライドストップ・ノッチ部分の円柱形金属パーツで

ノッチの変形を防止しています。






関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/294-f4ae1c5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。