KSC G26 & G26C - エアガン レビューーン

KSC G26 & G26C

 20091002_2744686.jpg

G 26

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   167mm

重量   555g

装弾数  15発

価格   14、175円

20091002_2744687.jpg

G 26 C

ブローバックガスガン (セミ&フル)

可変ホップアップシステム

全長   167mm

重量   580g

装弾数  20発

価格   17、640円 

20091002_2744688.jpg

グロックシリーズ最小のG26。
でも実際持ってみると、そんなにチッチャイなーと
感じないのは少し厚みのあるグリップのせいかな。
厚みと幅があって、丈が短いグリツプは
少し持ちにくさを感じます。
なので、G19用マガジンにグリップエクステンションを
付けたG26Cの方が長くなる分、持ち易いですね。
その代わりコンパクトさは、損なわれますが。
でも、グリップ前面のフィンガーチャンネルと呼ばれる
突起とギザギザの滑り止めのお陰で
三本の指が、しっかり固定されるので実際の射撃で
不都合を感じる事は無いです。 
20091002_2744689.jpg 


KSCのグロックシリーズのマガジンは、互換性が有ります。
(勿論、長いグリップに短いマガジンは入りませんが。)
G26とG26Cのマガジンも、共用できますので
時々、取り替えて撃てば違った感触を味わえます。 

20091002_2744690.jpg 


20091002_2744691.jpg
質感、仕上がり感は流石のKSC。私は一つの文句も有りません。
定価で言えば、マルイG26より1400円位高いだけ。
んー、これは是非比べてみたいですねえ。
スライドを引いて戻した時の操作音も、まあまあの音。
欲を言えば、もう少し《ジャチッ》って云う金属的な音がして欲しい。
まあ、ほんとに欲な話。
ブローバックは、今時の優秀なブローバックと言う感触。
ブローバックスピードが速くて、リコイルショックがビシッと
鋭く手に伝わるって感じ。
G26Cのフルオートは、もう快感以外の文字は当てはまりません。
なんせ、G18より回転スピード速いんですから。

20091002_2744692.jpg
上の写真は、左がG26C。
軽量化肉抜きスライドと
実銃で言うところの反動軽減用マズルポートが
G26との違い。

実射
上がG26Cで、下がG26。それぞれ7mから10発の結果。

20091002_2744693.jpg
G26C  7m   半径2cm刻みの円

20091002_2744694.jpg
G26 7m   半径2cm刻みの円

それぞれ3回テストして一番纏まりが良かった物を載せてます。
んー、小型ピストルとはいえ、もう少し纏まりが好かったら
私的には、完璧だったのに。
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/29-551256ce