マルイ電動ガン スコーピオンVz61 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルイ電動ガン スコーピオンVz61

conv000163.jpg

電動エアガン (セミ/フル)

可変ホップアップシステム

全長   270mm/522mm (ストック伸長時)

重量   1,110g (バッテリー含まず)

装弾数  58発

価格   28,140円  (税込み。フルセット)

conv000725.jpg

マルイ、スコーピオンを見た第一印象は質感の良さ。
以外と言っては失礼かもしれませんが
少し前までは、マルイ(特にハンドガン)は性能は
ピカイチだけど質感が・・・・・・、が定説でした。
ガスブロのグロック17やガバメント辺りで、おやおや?
と思わせてくれましたが
今回のスコーピオンは、なかなかの出来です。
ダイカスト製のロア レシーバーとブラスト仕上げのアッパー
レシーバー、スチールプレス製フォールディングストックは
鉄の塊感があります。
唯一、スチールプレス製アウターシェルのマガジンは
ツルンとしていてイマイチ。
初めに見た時は、プラスチックかと思ったほど。

conv000357.jpg 

conv000250.jpg
バッテリーは、グリップの底から挿入します。
やはり、コネクターを繋ぐ手間なく
差し込むだけで済むのが良いですねー。
実銃のレート・リデューサーと呼ばれる
フルオート時回転スピード調節レバーが
蓋をロックするレバーになっています。

コッキングハンドルを引くとエジェクションポートが開いて
ホップ調節ダイアルが出てきます。
後はゴリゴリ回すだけ。非常に簡単、便利ですねえ。

conv000553.jpg 

conv000451.jpg

実射
簡単な造りっぽいグリップですが、なかなか好くて
しっかり握れます。
小型のボディと相俟って片手での使用も
楽にこなしてくれます。
両手で撃つ場合も、コッキングハンドルが動かないので
グリップ出来る範囲が広く、ラフに持てるのが良いです。
例えばマルゼンのガスブロ スコーピオンだと
コッキングハンドルが激しく動くので
          (本当は動くのが当たり前)
マガジンをフォアグリップ代わりに持つしかなくなります。
まあ、それが正しい撃ち方なのですけど。

フォールディングストックを使った撃ち方は
ストックの長さが少し短くて、えらく縮こまった姿勢に
なってしまいます。
まあ、銃自体が小型ですし、使えない事はないです。

conv000820.jpg
セミオート 7m  半径2cm刻みの円


性能的には、以前にテストしたMP7同様、安定して
高性能を満喫できます。
USPやG18等の電動ハンドガンよりは、パワー
安定感、しっかり感という点では
ワンランク上です。

セミオートよりフルオートの方が良い結果が出たのは
完全に射手のせいです。
フルオートで一気に撃った方が、ぶれなかった、
と云う事ですね。
とにかく、集弾性は素晴らしい。
電動ハンドガンや電動コンパクトマシンガンでは
当たり前の性能になってきてますねえ。

conv000913.jpg
フルオート  7m   半径2cm刻みの円
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/258-b369063b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。