マルゼン M1100 リヴィジョン - エアガン レビューーン

マルゼン M1100 リヴィジョン

dc072201_20130722221942.jpg  

maruzen-m1100-1.jpg

ブローバック ガスガン

固定ホップアップシステム

全長   520mm

重量   1850g

装弾数  ショットシェル3発 (シェルにBB弾1~9発装てん可)

価格   20、790円

maruzen-m1100-2.jpg

ショットガンと言えばアクション映画等でお馴染みの様に、ポンプアクションで
グァッシャコンッとシェルをチャンバーに送り込むシーンが思い浮かびますよねえ。
代表的にのはレミントンM870でしょうか。
しかしショットガンの中には、オートマチックタイプも存在します。
これも代表的なのはレミントンM1100でしょう。

多分この銃をモデルにしたエアガンが、マルゼンM1100です。
(形が少し違うので、多分)

現在国産で、ショットシェルの排莢アクションが楽しめるオートマチック・ショットガンは
このマルゼンM1100だけです。まさに貴重な存在。

maruzen-m1100-3.jpg

そのスタンダードタイプM1100の前後を切り詰めて、4面マウントレイルを
装着されているのがM1100リヴィジョンです。
CQBタクティカルモデルって感じですが、ショットガンのくせにマウントレイルを
装備して、さっさと光学機器を取り付けろ!!と言われてるみたいなので
早速オープンタイプのドットサイトを装着してみました。

外観は全身プラスチックなので、質感はイマイチですが
マウントレイル付きハンドガードのお蔭で、引き締まったスタイルになって
かっこいいですねー。
因みにグリップは、マルゼンお得意の繊維混入タイプのプラスチックです。

maruzen-m1100-4.jpg

ショットシェルにはBB弾が1~9発装てん出来ます。
9発目を入れた状態が、手前のシェル。もういっぱい。
シェルは、BB弾がやっと通る縦穴が、下まで貫通しています。
上下ともゴムパッキンで弾がこぼれるのを防いでいます。

maruzen-m1100-5.jpg

シェルをエジェクションポートの真下、て言うか底から装てんします。
少し何かに引っ掛かりながら、たどたどしく装てんするのも、なんなリアル。

maruzen-m1100-6.jpg

ボルトハンドルを引くと、シェルが1発上に上がってきます。
実銃だと、これで手を放せばボルトが前進してシェルがチャンバーに
送り込まれるのですが、この銃の場合はシェルはこのまま。

と言うか、ここがチャンバーと言うべきか。とにかくシェルは写真の状態から
前進しません。ボルトのみ前進して、シェルに覆い被さり固定します。
そして撃つと、ボルトのみ後退してシェルを排出します。

しかし目は錯覚して、シェルはチャンバーに送り込まれて
発射後チャンバーから引き出されて排出された様に見えます。

んー、マルゼン独特のシステムですな。

maruzen-m1100-7.jpg

少し固いトリガーを引くと、ドガチャン!!と迫力の作動音と共に弾は発射され
シェルは排出されます。
気温が低い時とか、たまに排莢不良、ジャムりますが
この銃の場合それもまたリアルに感じてしまいます。不思議な事に。

maruzen-m1100-8.jpg

リヴィジョンのガスタンクは脱着可能なケースタイプで
グリップに収納します。
まあ、普段は取り外す事もないですけど。

実射

シェルを装てんして撃つ。しかも実銃の様に散弾で撃てる。(最高9発だけど)
お座敷シューターとしては、こんなに嬉しい事はないですよ。

ポンプアクション・タイプは、ポンプ操作の「ガッシャン」っていう音とともに、シェルが
排出されるシーンは、官能しちゃいますが
弾の発射時は「バシュッ」って寂しい音なのでテンション下がっちゃうのです。

オートマチックタイプは、ポンプアクションを楽しめない代わりに
発射時は迫力ある音とブローバックでシェルを排出します。

んーまさに究極の選択。

弾の飛びはBB弾1発なら、室温21度、0.2gBB弾で初速が
平均76.78m/sあるので、ホップの掛かりが不安定ながら
普通のガスガン並みに良くとびます。
2発発射以上は、どんどん威力は落ちていくので
実用的に言えば、2~3発位まででしょうかね。
距離7mの集弾性も悪くないです。
BB弾5発発射ぐらいまでなら、ドットサイトで狙って撃つ意味はあります。
さすがに、それ以上だとまさに散弾って感じになります。

また、この銃の面白さは、モデルガン的に遊べる事で
シェルにBB弾を装てんしなければ、ブローバック・ショットガンのアクションのみを
楽しめます。
まさにお座敷シューター御用達の貴重ショットガン。
絶対に無くならないで欲しいものです。

maruzen-m1100-9.jpg

7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 1発×6回
さすがに単発だと纏ってます。威力もありますし。

maruzen-m1100-10.jpg

7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 2発×6回
BB弾2発にしても、集弾的には1発の時と同程度。
縦にぶれるのは、ホップの掛かり具合からでしょうか。 

 dc072202_20130722221944.jpg 

7m 半径3.5cm刻みの円 0.2gBB弾 5発×6回
BB弾5発ぐらいになると、さすがに弾は広がるので
A4コピー用紙4枚張り合わして、特製の的を作りました。
円の半径は、3.5cmずつ大きくなっています。

でもやっぱり横よりは縦に散らばってますね。
5発以上は極端に弾が散らばるので、載せませんでした。







関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/239-b83aaefa