東京マルイ 電動ガンBOYs用 ズームスコープ - エアガン レビューーン

東京マルイ 電動ガンBOYs用 ズームスコープ

marui-18mm-scope-0.jpg

marui-18mm-scope-1.jpg

電動ガンBOYs専用 18mmレイル対応 ズームスコープ

全長   約134mm~145mm (等倍~2倍)

重量   約79g

倍率   等倍~2倍

価格   2,310円 (税込み)

marui-18mm-scope-2.jpg

長年待ち続けた物が遂に発売されました。
マルイ製10才以上用電動ガンの電動ガンBOYsシリーズは
使用する子供の体格に合わせ、実銃の8割程度にサイズを縮小しています。
当然、銃にマウントレイルが装備されている場合は小さくなって、通常サイズの
20mm幅のマウントレイルが、18mm幅になっています。
なので、すでに所有しているドットサイトやスコープを取り付ける場合
2mm幅が狭い分、何か物を挟み込むなどして、取り付けないといけませんでした。
しかも、18才以上用モデルに比べれば強度も低いので
重たいスコープ等を取り付けるのも躊躇してしまいます。
当然専用の光学機器の発売を待ち望んでいたわけです。

今回マルイから発売されたBOYs用スコープはトリジコン社のACOG
(Advanced Combat Optical Gunsight:高度戦闘光学照準器)タイプ。
カラーはブラックとフラット・ダークアースの2色。

ただ、私が最初にこのスコープの発売予告を見てゲロッっと思ったのは
やけに価格が安いこと。これはすなわち機能的にかなりデフォルメされて
いるのか?と言う事。
まあ、どっちにしろ、待ちに待った物なので即手に入れましたけど・・・・。

marui-18mm-scope-3.jpg

で、今回はフラット・ダークアース カラーをチョイス。
全体的に光沢があります。
左サイドの文字類はシールで残念。ただ雰囲気は出てますねー。

重量は実測で、79gと軽量。これならBOYsのプスチック製マウントレイルでも
余裕で耐えられますな。

marui-18mm-scope-4.jpg

スコープ本体上部にはノーマルサイト(アイアンサイト)を装備しています。
スコープで狙えない時は、こちらを使います。

marui-18mm-scope-5.jpg

ズーム倍率はスコープの接眼部を引き出して変えます。
通常の状態で1倍。接眼部を引き出すとズームされていき
一杯に引いた状態で、2倍になります。

marui-18mm-scope-6.jpg

で接眼部からスコープを覗いたのが、これ。
接眼部の内径はだいたい20mmあるのに、レンズ径は10mm位で小さく
それで・・・・・レティクル(通常十字になつた照準する部分)は無いです。

最初にそれを知った時には、「えー!!!!」っと思いましたが、まあ10才以上用
エアガンの性能を考えたら、価格が高くなってもスコープの視野を広くして
性能を十分発揮出来ないレティクルを装備するよりは
レティクルを無しにして、レンズを小さく視野をせまくする事で
ある程度狙いをつけられる様にすれば、かなりコストを抑えられる・・・・
という事でしょうか? 私はそう読みましたが・・・・。

まあ雰囲気を楽しむためにレティクルはあっても・・・・・・とも思いましたが
レティクルの照準とは全く違う方向に弾が飛んで行くのも嫌ですし
かといって狙点修正ダイヤルを付ければ、コストは上がってしまう。

やはり子供が買える値段のスコープとなれば、今回の仕様が妥当なのでしょう。

marui-18mm-scope-7.jpg

このスコープは実物同様マウント一体型なので、そのままマウントレイルに
装着出来ます。2か所のネジを締めるだけで固定出来るのも実物と同じ。

marui-18mm-scope-8.jpg

今回は電動ガンBOYs-スカーL CQC フラット・ダークアースに装着してみました。
んーほんと、この銃に装着するために作られたかの様にピッタリですねー。
スコープと銃の色合いも好いですし、サイズも勿論ジャストフィット。
スコープが軽いので、重量的なバランスが崩れないし。

スカーはフロントサイトとリアサイトが畳めて、スコープの視界の
邪魔にならないのも良いです。

marui-18mm-scope-9.jpg

どうしても、何か照準する物がないと嫌だーと言う方は、フロントサイトを立てて
見てください。これがピッタリと覗けます。
マルイさんも、こうする事計算に入れてましたね? と思うほどピッタリ。

フロントサイトを畳んで実際使ってみると、まあレティクルが無いのはやっぱり
寂しいですが、スコープで狙うとテンションが上がるのも事実。

私の場合、視野のど真ん中とはいきませんが、中心より上の方に
弾が飛んで行くのが見えます。
ホップの掛かり具合や、接眼部の覗き加減で十分修正出来るレベルで
それは2倍にしても同じ。
つまり、、、、「使えるスコープ」と言う事で、雰囲気も良いしお手頃価格でマル。



楽天市場=18mmレイル対応 ズームスコープはこちらから
       ↓↓   ↓↓



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/233-a21ccabe