ガスガンにエアダスターのガスを使ってみた。 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガスガンにエアダスターのガスを使ってみた。

エアーダスターのガスをガスガンに使用する場合、自己責任でお願いします 

dc073001_201307301435307c6.jpg

左から「DMEガス-エアダスター」、「HFC152aガス-ハイバレットガス」、「HFC152aガス-エアダスター」
一番右が「HFC134aガス-サンダーシュート」 

 dc073002_20130730143532466.jpg  

最近あまりにも机の上のホコリが酷いので、生まれて初めて贅沢にもエアーダスター缶を買った。
まあ休みの日にホームセンターをブラブラしていたら、たまたま特売のエアーダスターが目に入ったので
思わず買ってしまった・・・・・というのが本当のところ。
で、家で使っていたら、以前ネットでエアーダスターのガスをブローバックガスガンに使ったという記事を思い出した。
その時もしこのエアーダスターがガスガンに使えたら、どえらい安くガスガンで遊べるでーと、悪魔のささやきが・・・・・。

ただ残念な事に、私が買ったエアーダスターは、逆さ使用出来る物なのでガスガンには使えません。
つまりガスガンのガスタンクに注入するために、逆さにして注入バルブに押し付けても
エアー(気体)しか出てこないので。
ガスタンクに注入するためには、液体のままのガスが出て来ないといけません。
なので逆さ使用不可のエアーダスターのみ使えるという事に。

早速ホームセンター巡りやネットで検索しましたが、安くて逆さ使用不可の物がなかなか見つかりません。
私が購入した物ほどに安い物がないんです。なぜに・・・・・と私が買ったエアーダスター缶をまじまじと眺めていると
「高圧ガス DME 可燃性注意」の文字が・・・・・。なっなんじゃこらー!!(古い)
ふっフロンガスじゃない? ノンフロンって書いてある。DMEって何??????また検索です。

DMEってジメチルエーテルらしい。可燃性だけどLPGより引火性が低く、やや臭いがあるそう。
確かに使ってて臭かったなー。
さらにネットで調べてみると、DMEはガスガンのパッキンを浸食して傷めると。
ホントかどうか分かりませんが、あまりえたいの知れない物は使わない方が良いし、
お座敷シューターにあの臭いはキツイです。という訳で今回は、DMEはパスという事に。 

 dc073003_2013073014353458f.jpg   

でぇ、本命は代替フロンHFC152aです。HFC152aはエアガン用HFC134aより温暖化係数が1/10と低くてエコ、
しかもほとんど臭わない。
逆にHFC134aより劣る点は、HFC134aよりガスの圧力が少し弱いという事と、可燃性であるという事。
あと最大の疑問は、HFC152aガスはエアガンのパッキンを傷めてしまうのか?という点。

ネットでHFC152aガスのエアダスターを実際エアガンに使用した方々のレビューを見てみると
パッキンのゴムがやられた とか、ずっとガスを入れっぱなしにしてたけど大丈夫だった とか
昔のエアガンのパッキンはシリコン製でだめだが、最近のパッキンはNBR(ニトリルゴム)が主流なので
HFC134aと変わらない、などなど様々。

で、結局私がHFC152aガスのエアーダスターを使ってみようと決断した理由は
ライラクスが「ハイバレットガス」という名称で、HFC152aガスをエアガン用として販売してるから。
缶その物には、記述はないですが、ライラクスのホームページにはエアガン用ガスと書かれてます。
それと同じHFC152a 100%のガスなら大丈夫だろうと・・・・。

ヨッシャーと、再度楽天市場でHFC152a 100%逆さ使用禁止のエアダスターを検索。
送料を含めて最安と思われる物を購入しました。



送料無料という事で、6本セットを買ってしまった。まあエアガン用だけでなく
本来の用途エアダスターとして使えばいいんだけれど。 

dc073004_201307301435369dc.jpg

で、実際エアガンにガスを注入する時に問題が1つ。写真上の左側の様に、まあ当然ながら
エアガンの注入バルブに挿せる様なノズル形状では、ありません。プラ製だし。(右はハイバレットガスのノズル)
一番確実で簡単な解決策は、アダプターを使う事。
ヤフーオークションで検索すると、数種類でてますねー。
私はその中で、真鍮無垢材削りだしの物で送料無料580円ってやつを購入しました。
で、ノズルに装着してみたのが写真下側。ノズルにピッタリです。 



dc073005.jpg

肝心の使い心地ですが、ノズルの根元が多少グラグラして不安定な所と、それと関連して
注入時のガス漏れが、通常の物より多い感じです。
きれいに直角に挿していないせいかも知れませんが、KSC製グロック用ロングマガジンと
マルイ製ガバメントのマガジンに注入してみましたが、やはりどちらも漏れ易い気がします。
なので、一気に注入するのではなく、押したり戻したり何回も小分けにするほうが
あまり漏れずに注入出来る様な感じですねー。 

dc073006.jpg

さて実射性能ですが、KSC製グロック用ロングマガジン2本用意してそれぞれHFC-134aサンダーシュートと
エアーダスターHFC152aガスを注入してフルオートで撃ってみました。室温19度です。

リコイルショックは若干HFC152aの方が弱く感じますねー。まあそれくらい。
マルイのガバメントだと、差が良く分からないレベル。
グロックの初速を測ってみると、HFC-134aが0.23gBB弾6回平均73.86m/s、HFC-152aが72.51m/s
一旦ガスを抜いてから、ガスとマガジンを交換してもう一度計測。
HFC134aが72.4m/s、HFC152aが71.2という結果に。

HFC152aが僅かに弱いですが、お座敷シューター的にはあまり関係ないレベルです。

今は真冬なので余計に、体感的にガス圧の差が感じられるのかもしれませんねー。
暖かい季節になれば、その差が縮まるかも?(開くかも?)

結論としては、うち心地を重視するなら今までどおりHFC134aガスで。
ただ、銃や使用するマガジンによっては、違いがあまり分からない物も。
大量消費するので、安いガスを使いたいなら、HFC-152aエアーダスターで。
ただ、アダプターも何種類もあるので、それぞれで使い心地に差があるかも知れません。
特にガス注入時のガス漏れは注意が必要です。

蛇足ですが、試しに最初に買った逆さ使用可能のエアダスターでも注入してみましたが
全然ガスが入りませんでした。
撃ってみると、1発シユコッと超弱弱しくBBは発射しましたが、スライドは微動だ゜にせず、それで終わり。
試すだけ無駄でしたが、まあ確認の意味で・・・・・。    

dc073007.jpg     
後日、オークションでもう1つ違うアダプターを購入してみた。送料込み400円位の物でしたが(写真左)
まあ、同じ様な形ですが先に購入した物(写真右)より多少太く、穴は逆に小さいですな。
使ってみるとガス漏れが少なく使い易かったです。同じ様なアダプターでも使い勝手に多少差があるみたいですので
購入される場合は、そのあたりも注意が必要です。

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/227-fb5d1559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。