CAA Tactical RONI G1タイプ グロック コンバージョンキット - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAA Tactical RONI G1タイプ グロック コンバージョンキット

conv-g18-0.JPG

conv-g18-1.JPG

グロック17・グロック18C コンバージョンキット(マルイ・KSC製対応)

全長   約49cm~57.5cm (ストック伸縮)

重量   1445g (コンバージョンキット単体)
  
価格   落札価格8000円 (ネットオークションにて新品購入・送料別)

      写真のグロック本体とドットサイトは別売り

conv-g18-2.JPG

KSCやマルイ製のGBB(ガスブローバック)グロック18は、いわゆる「トリガーハッピー」になれる
代表的なマシンピストルで、ロングマガジンと組み合わせたフルオートは、まさに至極のひと時。
私がフルオート依存症になった張本人でもあるわけなんですが
まあ、それだけ撃ち心地は凄いものがあります。
そんなグロックのためのコンバージョンキットを、最近よく目にするようになりました。
それはグロック17や18をSMG風に変えてしまう物。
私としては、やはりグロック18はマシンピストルだからこそ、あれだけの感激を味わえると思っているので
こういうキットには手を出さなかったのですが、最近ガスブローバックのアサルトライフルやSMG(サブマシンガン)に
凄く興味が湧いてきて、大好きなグロックも変身させる事にしました。
とはいえ、実銃用のキットを購入するほどの元気は無いので、安価なレプリカを買って雰囲気を楽しむ事に。

で、購入したのはマルイ・KSC製グロック17・18用キット。
届いた元箱に印刷は無く、説明書も無い。(たぶん近くの海外製)
中には、本体とグロックに取り付けるパーツが1つ。それと六角レンチが2個。
グロックの装着方法については、オークション出品時の写真入商品説明を見るだけでも
大体分かる位簡単なものです。

conv-g18-3.gif

グロックの装着は、本体中央部分がモナカ状になっているので、そこに取り付けます。
モナカのフタは前後のパーツで、開かない様にガッチリ止められているので
スライドさせて、ロックを解除させます。
スライドさせるには、まず固定用のピンを写真の様に引き抜きます。
ピンには、脱落防止用パーツが付いていますので、抜けてしまう事はありませんが
勢い良く引っ張ると抜けちゃいます。

conv-g18-4.gif

で、写真は前後をスライドさせた所。これでフタが開きます。

conv-g18-5.JPG

フタを開くと、こんな感じです。

conv-g18-6.JPG

次にグロックのスライド後部に、コッキングハンドルのパーツを装着します。
このパーツは、グロックのセレイション(滑り止め溝)と噛み合う様に、内側に溝が彫られてますが
これが意外と(失礼)グロックのスライドとピッタリサイズで、すんなり取り付け出来ました。

conv-g18-7.JPG

そしてグロックをはめ込みます。
グロックのアンダーマウントレイルからトリガーガード前部にかけてと、フレーム後端を
両側から締め付けて固定する感じになります。
後はフタを閉めて、前後のパーツをスライドして元通りにしピンを刺してロックすれば完成。

conv-g18-8.JPG

早速コッキングレバーを引いてみると、案の定スライドは全く戻ろうとしません。
どこか干渉している様です。まあスライドが引けただけマシか?
と思いながらグロックを外して、一番怪しいエジェクションポート周りを中心にカッターを使って
取り敢えずバリ取りをしました。

conv-g18-9.JPG

が・・・・改善の兆しなし。コンバージョンキットのエジェクションポートと、グロックのスライド上部が
かなり干渉してるみたいです。
本当ならここで、干渉部分をヤスリなどで少しずつ削るのですが、私の性格上そんな事は出来ません。
カッターナイフでザックザック削っちまいました。(お勧めできませんよ、丁寧な作業が一番です)
結果、これなら絶対に当たらんやろーという位に隙間が出来ました。しかも歪な感じで・・・。

conv-g18-10.JPG

今度は大丈夫だろうと試してみると、あと1~2mmスライドが戻りきりません。
スライドが完全に戻らないと、トリガーを引いてもハンマーは落ちないので撃てないんですよねー。
んー後はコッキングレバーのパーツか・・・・・。
しかしあまり削る所も無いんですけど、角をヤスリがけしてみました。
グロックを装着してコッキングを試しても、あまり変わらず。
ただ、グロックのグリップを握って、少し左右に捩じってやると
調子良く作動する角度があるので、コンバージョンキットの歪みが原因かもしれませんねー。
で、取り敢えずは調子良く作動する感じにグリップを持って撃つ・・・・で・・・完成という事に!!!(いい加減な)

conv-g18-11.JPG

コンバージョンキット本体の装備内容ですが、まずフォアグリップから。
フォアグリップは折りたたみ式で、根元の黒いボタン(ピン)を押して開閉します。
たたんだ時にロックされないのは、少し不満ですねー。
精度もあまり良くないので、グラグラします。

フォアグリップ自体は、短いマウントレイルに装着してあるので
矢印部分のボタンを押して、多少前後の調節が出来ますし、取り外す事も出来ます。

conv-g18-12.JPG

フラッシュハイダーと3面レイルは金属製。
プラスチック部分とは異なり、なかなか綺麗な仕上がりで好印象。

conv-g18-13.jpg

ストックは5ポジションで、ストック後端の矢印のリリースボタンを押して伸縮させます。
ストックにはチークピースも装備されています。
写真は、一番上まで上げた状態です。

conv-g18-14.JPG

ストック前部には、予備マガジン用のホルダーが付いています。
マガジンを挿してみると、かなり強く締め付けられているので
そう簡単には、抜け落ちる事は無いでしょう。
逆に素早いマガジンチェンジは出来ないかもー。
一応マガジンキャッチ的な形状になっている部分がありますが
これは引っ掛かりが弱く、あまり役に立っていない感じです。

conv-g18-15.jpg

矢印の魚のムナビレの様なパーツは、写真の状態ではトリガーに指が入らず
まあ、一種のセーフティ。両側にあるアンビタイプで連動しています。
人差し指で上下に操作できるので、シンプルだけど以外とお役立ちセイフティかも。

conv-g18-16.JPG

conv-g18-17.JPG

サイト的な物は無いので、何か取り付けなければいけませんが
似合いそうなのはチューブタイプのドットサイトかホロサイト(ホロサイト風ドットサイト)でしょうか?
それにロングマガジンをグロックに挿して、予備マガジンもロングマガジンにすると
ちょうど3kg(体重計で量ったのでかなりアバウト)けっこうずっしりの迫力です。

実射

本体のプラスチック部分は、仕上げが良いとは言えませんね。バリ等が未処理なのは当然ながら
貼り合わさっている部分が少し開いていたり、パーツ同士のガタツキなど等。
ストックのリリースボタンが無意味に重かったり、作りが雑といえば雑。
しかしある程度の事は、予測していました。
安価なレプリカを買うという事は、こういう事です。
個人的には、なかなかに雰囲気を楽しめたので満足しています。

肝心の実射ですが、さすがに弾ける様なブローバックは無くなりますが、以外と肩にズシズシと振動が
伝わります。
コッキングレバーの操作も、雰囲気が盛り上がりますなー。
コンバージョンキットに装着しても、バレルが延長される訳ではないので、銃自体の性能はそのままですが
フルオート時の安定感は、かなり向上します。
グロックで弾幕を張る使い方なら、あまり意味ないですが、狙いに行くならこれです。
後は、フル・セミのセレクターの操作が出来ない(無理やりならできますが)のが不満ですね。

conv-g18-18.gif

コンバージョンキット ドットサイト使用 7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 フルオート10発

conv-g18-19.gif

KSC製グロック18 両手保持 7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 フルオート10発


 

 



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/180-b0e8b745

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。