南部 14年式後期モデル 組み立てキット - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部 14年式後期モデル 組み立てキット

14kit-1.JPG

プローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   229mm

重量   610g

装弾数  9発

価格   10,500円 (税込み)

14kit-2.JPG

マルシンから立て続けに、エアガンの組み立てキットが
発売になりました。
既在の完成品ガスガンを、組み立てキット化した物ですが
オートマチック・リボルバー・ライフルと、種類も豊富。
なかには、キットモデル専用パーツが付属する物もあり
ちょっと魅力的。
少しは、エアガンの内部構造に詳しくなりたいと
思っていた私は、思わず買ってしまったのでした。

で買ったのは、南部14年式。
完成品モデルには無い、ボルトストップ機能が
購入の決め手でした。まあ、基本的に好きな銃ですし。

14kit-3.JPG

組み立てキットのフレーム等は、塗装されておらず
パーティングライン(貼り合わせ痕)も、そのまま。
それどころか、バリまで付いてます。
説明書には、カッターナイフで削り落とした後
サンドペーパーで仕上げなさいと書いてあります。

確かにカッターナイフで簡単に削れますが
調子にのって力を入れ過ぎると、深く削り過ぎてしまう
ので、注意が必要です。

14kit-4.JPG

説明書では、カッターナイフで削った後に
300番のサンドペーパーで粗し上げしたあとに
800番で仕上げをしなさいと、書いてありますが
付属していたのは、600番のサンドペーパー。
んー、サンドペーパーを買いに行くのが面倒くさい人は
これを使いなさいと言うことかな?

で、今回初めて塗装にも挑戦する事にしたので
付属の600番サンドペーパーで、実銃のヘアライン
(切削痕)風にキズが付く様に、真っ直ぐ平行にスジが
付く様に削りました。

14kit-5.JPG

磨いたのは、フレームとアウターバレル
それとレシーバーの三つ。

これらを塗装するのですが、グリップの下部に
すでに金属パーツが取り付けられていて
取り外しが出来なかったので、そのまま
塗装する事にしました。

14kit-6.JPG

塗装はやっぱり吹き付け塗装なんですが
当然スプレーガンとかコンプレッサーなんて物は
一切無いので、ここは簡単にトイガン専用の
スプレー缶で。
と言っても種類も沢山あって悩みますが
CAROM SHOTのブラック スチール スプレーにしました。
選んだ理由は、・・・・聞こえが良かったから。
なんたってブラックで、スチールなんですから。

14kit-7.JPG

全く塗装の知識が無いので、どうやって塗ろうか
悩みましたが、割り箸の先にティッシュペーパーを
巻いた物を、パーツに差し込んで
何と言うか、ホットドック状態で左手に持ちスプレー。
家の外でスプレーしたのですが、あいにく風があって
難しい。使用方法を読むと、材料から30cmはなして
0.5秒以内でふわりと吹き付けるそうな。
5~6回以上重ね塗りが基本と書いてありますが
必死にスプレーしていたら、何回塗ったか分からなく
なってしまいました。
しかも、勢いあまって材料に近づきすぎて
ムラにスプレーしてしまったり・・・・・・。
んー、風のある日には、スプレーはやめましょう。

乾燥は、24時間で完全硬化とありますので
ダンボールの中に、テープで発泡スチロールを固定して
それに、割り箸を刺して乾燥させました。

14kit-8.JPG

乾燥できたバーツを見てみると、マットブラックな感じで
思いのほか綺麗に塗装出来てます。
少しムラになった部分も、目立たなくなってます。
いやー、最近の塗料は優秀ですなー、なんか感激。
一番心配だったのは、フレームの刻印類が塗料で
潰れてしまう事だったのですが、しっかり残ってます。
ヘアライン風に付けた磨きキズは、浅すぎたのか
中途半端に消えていました。
やはり、ヘアラインは仕上げに付けた方がいいかも。

早速、買ってきた仕上げ用ペーパーで磨きたく
なりますが、組み立て途中でキズも入りそうなので
磨くのは、一度組み上げた後にします。

14kit-9.JPG

で、組み立てのレポートをしたい所ですが
性格的に、作り始めたら夢中になってしまい
写真やレポートなんてそっちのけで、作って
しまいました。
まあ、イラスト付きの丁寧な説明書を見ながら作れば
私の様な初めての者でも、組み立てられます。
ただ、必死に作るので楽しむ余裕が全く無し。
それと、説明書に書いてある注意点などは
必ず守りましょう。
私は、いい加減に作っていたら
後になって困った部分もありました。

14kit-10.JPG

作動部分のすり合わせすらせず、淡々と組み上げると
2時間もしないうちに、完成しましたが
案の定ボルトの動きが渋く、ボルトを引いても
ちゃんと元に戻ったり、途中で止まってしまったり。
試しにガスを入れて撃ってみたら、ちゃんと作動したので
一安心。

で、今度は塗装部分が磨ける位まで、分解します。
そのついでに、動きが渋い原因部分も探すことに。

ホームセンターで買ってきたのは、1500番の
耐水ペーパー。これにシリコンスプレーを付けて
塗装前にヘアライン風に削ったのと同じ方向で
磨きました。

14kit-11.JPG

最初は、塗装が剥げないか心配で、少しづつ磨きましたが
磨く度に艶が出て、リアルな感じに。
終いには、勢い良くゴシゴシやってましたが
本当に塗装が剥げると嫌なので、程々て゜止めました。

渋い作動に関しては、もっと細かく分解しないと
解らなさそうなので、次回にしました。

で写真は、もう一度組み上げた所。
フレーム部分は、もう少し黒っぽくなって欲しかった
のですが、全体的にはかなり満足。

実射

ちゃんと弾が出るか心配なので、早速撃ってみます。
組み上げていきなりなので、不安定な感じですが
勢い良く弾が発射されて、なんだか嬉しくなります。
相変わらず、六角レンチでのホップ調整は
掴みどころが、良く分からない感じですねー。

ブローバックスピードが速く、ビシッ・ビシッという
なかなか心地よい撃ち応えですが、ボルトの渋い作動を
直してないせいで、作動不良の連発でした。

当たり前の事ですが、組み立てキットを作る時は
説明書通りに、丁寧に作りましょう。

14kit-12.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.34g 8mmBB弾
9発


 


マルシン 南部14年式 前期型(組立キット)8,232円

 


マルシン 南部14年式 キット 前期 ブローバック式ガスガン 8MM8,925円

 


【マルシン】【ガスガン組立キット】南部14年式 前期モデル 8mmBBブローバック9,158円



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/167-ed9e4857

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。