KSC USP.45 マッチ システム7 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC USP.45 マッチ システム7

match-1.jpg

 

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   245mm

重量   1,060g

装弾数  29発

価格   24,150円 (税込み)

 

match-2.jpg

 

最初にこの銃を見た時は、遂に映画「トゥーム・レイダー」の
コラボモデルが出たか、と思いました。
だいたいにして、この映画の主人公が2丁拳銃で
撃ちまくっているのは、架空の銃だと思ってました。
ところが、なんと H&K USPのシューティングマッチ用
バリエーションモデルとして実在していたなんて。
私の知識も、まだまだですな~。

 

match-3.jpg

 

このKSC製USP.45 マッチの最大の特徴は、ノーマル
USP.45の1.4倍にもなる、6インチバレルと
それを包み込む様に装着された、HW製スタビライザー
でしょう。
これが、なかなか質感も良いスタビライザーなんですが
書かれてる文字が、おじさんから見れば派手に
感じるのですが、どうでしょう ? 。

 

match-4.jpg

 

もう1つの特徴は、グリップ底部に装着された
JETファンネルタイプの亜鉛製マグウェルです。
マッチ用マガジンと、デサイン的にまさに"マッチ"してます。
また、マガジンを装着する時の、金属同士が擦れ合う
音がなんともいえません。心地良いです~。

 

match-5anime.gif

 

そのマガジンは、ノーマルより4発多い装弾数29発を
誇ります。
KSCらしく、マガジンフォロアーは、一番下部でロックでき
BB弾の装てんも容易ですが、相変わらず
マガジン・リップは、金属製です。

 

match-6.jpg

 

KSC製USPには標準装備になってる、ロックアウトデバイス
も、勿論搭載されていて、専用のキーで銃の作動を
ロックする事が出来ます。
ただ、マグウェルが装着されている分、キーが
回し難いかな ?

 

match-7.jpg

 

ホップアップ調整は、チャンバー部に専用レンチを
差し込んで行います。
いちいち銃を、分解しなくてもいいので
とても楽ですね。

 

match-8.jpg

 

リアサイトは、上下左右の精密調整が可能な
マイクロメータータイプ。
さらにフロント・リアサイト後部には、共に
反射防止セレイションが施されています。
なので、ホワイト・ドット等はありません。

 

match-9.jpg

 

スライドストップ・リリースレバーは、右側にも
取り付けられています。
しかも、かなり大型。
私は、指が短めな人なんですが、普通に銃を右手で持った
場合でも、親指で操作するより人差し指を使う方が
楽でした。
左手で持った時は、どちらでもOKな感じですね。

トリガーは、トリガーストップ付き。

 

match-10.jpg

 

セイフティとデコッキングを兼ね備えたコントロールレバーも
アンビタイプです。
もともとマガジンキャッチはアンビタイプなので
操作系は、完全な左右共用という事になります。
まさに、フル装備の豪華仕様ですねぇ。

 

実射

1kを超える重量は、ずっしりとした持ち味ですし
大きめの銃なのに、スタビライザーが付いて
さらに見た目に、大きく感じます。
撃ち味も、それにならった感触で、良く言えば安定感が
あります。
ノーマルUSPと比べれば、迫力が少し抑えられた感じ
ですが、そこはシステム7エンジンなので
ブローバックスピードは速く、リズミカルに
ビシバシ撃てます。
集弾性は、安定感が今ひとつなんですが
調子が良い時は、ロングバレルの恩恵を十分に
感じられ、雰囲気と合わせて、まさに「MATCH」な銃です。

 

match-11anime.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/147-a1c0851c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。