KSC USPコンパクト システム7 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC USPコンパクト システム7

 

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   173mm

重量   710g

装弾数  22発

価格   19,950円 (税込み)

 


海外ドラマ・24(トゥエンティフォー)で、すっかり有名に
なりました、USPコンパクト。
それまで技術や機構に凝りすぎていたヘッケラー&コッホ社
が、売れる銃を・・・・という事で開発したのが
USP(ユニバーサル・セルフローディング・ピストル)です。
口径や機能の違いで、多くのバリエーションが
存在しますが、KSCでは、フルサイズモデルは45口径
コンパクトモデルは、9mm口径をモデルアップしています。


 


KSC製USPコンパクトの質感は、なかなか良いですねー。
ポリマーフレームの実銃をモデルアップした場合
やはり気になるのは、スライドの出来、まあ質感
なんですが、更なる上を求める方は、スライドが
ヘビーウエイト製の、同社・
P10を選択する手もあります。
KSC製ヘビーウエイトの外観は、凄く金属っぽいというか
鉄くさい感じが、好きなんですよねー。


 


USPコンパクトって、フルサイズのスライドとグリップを
少し切り詰めただけ、という印象で、コンパクトといえど
そんなに小さいと感じませんねー。
スライドも大きく、グリップしても重心が上にある感じ。

ただ、確かにコンパクトで、私の様な指の短い者でも、
しっかりグリップ出来て、トリガーにもしっかり
指が掛かります。
そのトリガーには、縦に3本のセレイションが入っていて
滑り難くしてあります。

またトリガーガード前面は、両手で構えて撃つときに
添えた手の指を引っ掛け易い様に、フルサイズより
窪んだ形状になっています。


 


スライドストップリリースレバーは、ロングタイプで
銃を握っている親指で、楽に操作出来ます。

その隣りのコントロールレバーは、セイフティと
デコッキングを兼ね備えています。
ハンマーが起きている時に、レバーをグイっと下げると
ハンマーは、ハーフコック位置まで落ちます。

一つのレバーで、セイフティとデコッキングを兼ねる
構造は、実銃の中でもかなり珍しいそうです。


 


ハンマーは、ボッブドタイプと呼ばれる物で
ハンマースパー(指でハンマーを起こす時に、指を
引っ掛ける部分)がカットされています。
これで、衣服への引っ掛かりを防止しています。


 


フロント・リアサイトは、共にホワイトドットが入っています。
これは塗装ではなく、プラパーツが埋め込まれています。


 


グリップ底部内側には、専用のキーで銃の作動を
ロック出来る安全装置が付いています。
これで子供や他人による、暴発事故や不正使用を
防止する事ができます。

また、この銃は、実銃と同じ様にスライドを引いて
初弾装てん操作をしないと、撃てない
リアルライヴ・オペレーションという構造になっています。


 


ブローバックエンジンが、システム7に移行して
一番の変化は、マガジンでしょう。
旧型は、マガジンフォロアーの溝が無いタイプでしたが
マガジンフォロアーを一番下でロック出来る
溝ありタイプに変わりました。
これで、専用ローダーは、要らなくなりました。


 


コンパクトモデルには、マガジン底部に
フィンガーレスト付きのマガジンベースが装着さていますが
フィンガーレスト無しのマガジンベースも付属しています。
簡単に交換出来るので、気分を変えたい時には
丁度良いアイテムです。
USPコンパクトは、そんなに小さい銃ではないので
フィンガーレスト付きでも、グリッピングに窮屈な感じは
しませんが、無いとイメージが、ガラリと変わり
すっきりとして伸びやかな感じになりますね。


 


ホップアップ調節は、チャンバー部に専用のレンチを
はめ込んで行います。
分解する必要が無いので、試射しながら
少しずつ調整するのが、良いですね。


 



KSCの通常分解は、大体スムーズに出来ますねー。
スライドストップリリースレバーは、すんなり抜けて
くれます。
メーカーによっては、これが無茶苦茶固くて
なかなか抜けない物もあって
無理やり抜いていると、銃を傷つけそうで怖いです。


実射

システム7に変わって、どんなになったんだろうと
変に期待し過ぎた感もあるのですが
実際撃ち比べてみても、ブローバック自体にあまり
変化を感じませんでした。
元々KSCの中でも最大級のピストンを搭載している
ブローバックエンジンですから、旧型でも鋭い
リコイルショックと、回転スピードを持っていますからねー。
後は、リコイルショックが"ガツン"と来れば最高なんですが
スライドの材質が、旧型のABSプラのままで軽いので
リコイルシヨックに重みがありません。
まあ、逆に実戦だと撃ち易くて、気持ちよくシューティング
出来そう。


ホップアップ調節は、少しデリケートな感じですが
集弾性は、安定していて、なかなか良好です。
数あるKSCブローバックの中でも、ビシバシ撃ちまくれる
暴れん坊って、ところですかな。


 
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/144-02b9982a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。