KSC Mk23 ソーコムプロト フェイズ2 18歳未満対応 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC Mk23 ソーコムプロト フェイズ2 18歳未満対応

20091002_2745943.jpg

ブローバックガスガン(18才未満対応)

可変ホップアップシステム

全長   245mm

重量   1060g

装弾数  28発

価格   21,000円 (税込み)

20091002_2745944.jpg

マルイより先に、子供用ブローバックガスガンを登場
させたのが、KSCです。
マルイが、大人用ガスブロを、子供用に転用する際
インナーバレル等内部パーツを
斬新な形状に変更するなど、結構手を加えて
いるのに対して、KSCは、BB弾を飛ばすガスの
制御パーツが付いているだけなので
大人用そのままのクオリティを保っています。
ただし、価格もですが・・・・。


20091002_2745945.jpg
Mk23のバリエーションの中で、アンダー18に選ばれたのは
フェイズⅡプロト。
米軍特殊部隊向けの、最終トライアルモデルで
他のモデルと違い、スライドのフロント部分にも
セレイション(滑り止め溝)が、入っていたりします。

KSCのMk23は、バリエーションによって、本体の材質も
違っていて、ソーコムはABSタイプ、ソーコムHWは
ヘビーウエイトタイプ、プロトとコマーシャルは
スライドのみヘビーウエイトになっています。
KSC製ヘビーウエイトの質感は、金属っぽさが
とても良くて、私はファンですねー。。


20091002_2745946.jpg

銃側面のレバー類は、軍用らしく出っ張りは抑えられて
います。
真ん中の大きなレバーは、デッコッキングで
下に下げると、いきなりハンマーが落ちるのではなく
下げたレバーが上に戻るスピードに合わせて
ハンマーが、ハーフコック位置まで落ちます。
レバーを下げて、指をパッと離せば一瞬で落ちますし
ゆっくりハンマーを落としたい時は、指を添えながら
レバーを戻します。

20091002_2745947.jpg

トリガーは、セレイションの入った、少し幅の広いタイプ。
シングル・ダブルアクション共に、とてもスムーズで
特にシングルアクションは、ちょっと軽すぎない??
と思うほど。
なので、こんなに"バカでかい"(失礼)銃なのに
あまり撃ち難く感じませんねー。

トリガーガード゜は、両手で撃つ時に添えた手の指が
引っ掛け易い様に、窪んだ形状になっています。

マガジンキャッチと、セイフティレバーは、左右どちらから
でも操作できる、アンビタイプです。

20091002_2745948.jpg

グリップは、フレームと一体式。
なのでガバメント系の様に、グリップパネルを交換して
楽しむという事は、出来ません。

グリップの前後には、チェッカリングが施されており
グローブをはめた手でも、ガッチリと保持出来ます。

って言うか、グローブ前提という感じですねー、
軍用だけに。

20091002_2745949.jpg

フロント・リアサイトのホワイトドットは、塗装では無く
プラパーツが埋め込まれています。

フロント・リアサイト共に、ネジを緩めれば
左右のみですが、調節が可能です。

20091002_2745950.jpg

マガジンは、リアル感重視のスチールプレスマガジン
ケースタイプ。
なので、マガジンフォロアーの溝は見えません。
BB弾の装てんにも、専用のローダーが必要です。

ただ、亜鉛合金一体成型マガジンも別売で購入
出来るので、熱効率やBB弾の装てんの利便性を考えると
実戦派の方は、一体型が良いかも。

20091002_2745951.jpg

18才未満対応だからと言って、通常分解しても
目に見える部分で大人用と違う所は、ありません。

20091002_2745952.jpg
ホップアップ調節は、通常銃を分解しなくても
スライドを引いた状態で、チャンバーのギザギザ部分に
専用工具を噛み合わせて、行います。

時計周りに回すと、ホップが緩くなります。

今回は、分解したついでに、アップでご紹介。

20091002_2745953.jpg

ソーコムと言えば、サイレンサー。
KSC純正のサイレンサーは、ブローバックの作動
に支障がない様に、アルミ製で軽量に作られています。
まあ、消音効果のほどは、??????ですが。
勿論大人用パーツ類も問題なく装着できます。

実射

しかし、こんな大きくて重い銃を子供が振り回すなんて
大変だろうと、勝手に想像しますが、確かに迫力満点で
ブローバックも、回転スピードは、そんなに速くないですが
05ハードキックなので重いスライドを
ガンガン暴れさせてます。

初速は、0.12gBB弾で、平均41.9m/s・0.10ジュールでした。
前回の、同シリーズG18 と比べると、個体差と言うには
かなり威力に差があるのですが、弾道も比較的安定
していて、7mの的撃ちでも、弾が的から大きく外れる事は
ありませんでした。まあ、2割位は的紙を貫通できなかった
ですが。初速は多少バラつきが大きく、初速が遅い時に
的紙を貫通出来なかった様です。

価格を考えれば、そう簡単には入手できないかも
しれませんが、こんなクオリティの高いブローバック
ガスガンで子供たちが遊べるなんて、
いい時代になりましたなー。

20091002_2745954.jpg
7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/142-1acf78e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。