マルゼン LA870 チャージャー - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルゼン LA870 チャージャー

 20091002_2745755.jpg 

20091002_2745756.jpg
ポンプアクション・コッキングエアガン

可変ホップアップシステム

全長   672~768mm

重量   1630g

装弾数  20発 (付属カートリッジは5発)

価格   13,440円 
20091002_2745757.jpg 


マルゼン製ショツトガンと言えば、ガスガンのM870シリーズ
ブローバックガスガンのM1100シリーズ、そして
コッキングエアガンのCA870シリーズと、さまざまなタイプを
作っていますが、ついに排きょう式(ライブカート式)
コッキングエアガンの登場です。
18才以上用の「チャージャー」と、10才以上用の「ユース」が
同時に発売となりました。
まあ、チャージャーの場合、外観的には
コッキングエアガンの、CA870 チャージャーを
ライブカート式に改造しただけなので
目新しさは、無いかもしれませんねー。 
20091002_2745758.jpg 


外装は、マルゼンお得意のグラスファイバー入り
ABS樹脂で、独特な質感を醸し出しています。
銃身の下の、マガジンチューブだけ
普通のプラなのは、なぜでしよう ?

マルゼンの場合、コッキング式のショットガンは
一発撃つたびに、発射されるBB弾は、1発です。
ショットガンとしての面白みは、減りますが
ガス式のショットガンで、ショットシェルに3~5発BB弾を
込めて撃ったときの、悲しくなる位の飛びを考えたら
1発と割り切るのも、ありでしょう。 
20091002_2745759.jpg 


トリガーの後部に、ボタン式のマニュアルセイフティが
あります。
押し込むと、ロックされます。
このセイフティは、トリガーをロックするタイプなので
トリガーに触れていなければ、いつでもかけられます。 
20091002_2745760.jpg 


フレキシブルストックは、射撃スタイルに合わせて
6ポジションに長さを調節できます。

しかし、マルゼンさんは、このグリップとストックが
好きですなー ?

私も、ブローバックガスガンのMP5に
このストックを付けた「MP5チャージャー」を
見たときは、ビックリでした。
思わず、買ってしまいましたが・・・・・・・。 
20091002_2745761.jpg 


レシーバー左側に、大きくLA870の刻印が・・・・・
でもファイバー入りABSのお陰で、見難いです。 
20091002_2745762.jpg 


で、本題のカートリッジは、ショットガンで使われる
ショットシェルではなく、ハンドガンの弾っぽい形。
プラスチックで、塗装もされていないので
安っぽいですねー。
まあ、私の場合ライブカートだと、かなりの確率で
カートリッジを紛失してしまうので、これ位の物で良いのかも。
これの先っぽから、BB弾を装着します。 
20091002_2745763.jpg 


マガジンは、2列式になっていて、片側に10発装てん
できます。10発以下の場合は、どちらか片側だけに
装てんします。
カートリッジは、写真の様に背中合わせ(リム合わせか ?)に
装てんします。
つまり、10発撃って弾が無くなったら、マガジンを抜いて
クルッと回して、前後を変えて
またマガジンを装着して10発撃ちます。
しかし、本体の購入時には、付属のカートリッジは
5発だけなので、20発撃ちまくる醍醐味は、味わえません。 
20091002_2745764.jpg 


ホップアップの調節は、バレル付け根付近に
開いている穴に、六角レンチを挿して行います。 
20091002_2745765.jpg 


で、いざマガジンを装着して撃とうとした時、とんでもない
問題に直面しました。
ショットガンなので、サイト類が無いのは、まあ良ししとして
ある程度狙いをつけるために、銃身と同じ高さまで
目を、持っていこうとしても、ストックに頬があたって
出来ないのです。
それで、マウントレイルが在るわけですなー。
これでは、的当ても出来ないので、早速ドットサイトを
付けないといけません。しかもハイマウントになる物で
ないと、いけません。
私の顔もデカイですし・・・・。 

20091002_2745766.jpg 


これ位の高さで、丁度良いですねー。
これより低い物だと、やっぱり見難いです。 
20091002_2745767.jpg 


この銃には、新開発のライブアモ エジェクト システムが
搭載されています。
これは、フォアグリップの操作の強弱に関係なく
勢い良く、カートリッジを排出するシステム。
つまり、フォアグリップを、ゆっくりジワリ・ジワリ引いても
カートリッジは、元気良く宙を舞って排出されます。
写真は、射撃の後に、ゆっくりフォアグリップを引いて
いる所。
この直後、カートリッジは、いきなり弾け飛んで行きました。
なので、排出シーンを、写真に収める事は無理でした。

実射

コッキングは、意外なほど引き易く、パワーが無いのかと
計測してみましたが、0.2gBB弾で 87.8m/s  0.76ジュール
と、マルイの電動ライフル並みでした。
あと、気になったのが射撃音で、バィーンとバネの伸びる
音が、けっこう聞こえてきます。
集弾性ですが、縦にばらつくのは、ライブカートの
影響なんでしょうかねー ?
それとも、ホップの調整不足なのかなー ? 

20091002_2745768.jpg 

7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/128-a8659f9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。