KSC USP45 タクティカルGREEN (システム7) - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSC USP45 タクティカルGREEN (システム7)

20091002_2745557.jpg

ブローバックガスガン (システム7)

可変ホップアップシステム

全長   218mm

重量   850g

装弾数  25発

価格   21,525円 (税込み)

       300挺限定色

20091002_2745558.jpg

"ベビーソーコム"のキャッチコピーで登場しました
USP45タクティカル。
Mk23ソーコムのサイレンサー等、マズルオプションを
装着するためアウターバレルは、延長され
ネジが切られたミリタリーモデルです。
実銃でも限定販売されたグリーンフレームは
落ち着いた深緑色。
フレームのグリーンは、塗装では無く成型色なので
ハード使用でも、色がはげる事はありません。

20091002_2745559.jpg
で、Mk23ソーコムと比べてみました。
比べてみると、確かにコンパクトに見えるUSPですが、
だいたいソーコムはバカデカ過ぎ。
USPでも、グローブをはめて丁度ぐらいの大きさですか。
私の場合、素手でグリッピングすると
マガジンのフィンガーレストに、全然届きません。


20091002_2745560.jpg

スライドストップレバーは大きくて使い易いです。
セーフティレバーは、両側から操作出来るアンビタイプ。
デコッキングも兼ねていて
水平の状態から、レバーを上にあげるとセイフティ。
ハンマーが起きた状態で、レバーをグイッと下げると
ハンマーがハーフコック位置まで戻ります。

20091002_2745561.jpg

USP45タクティカルに新たに装備されているのが
トリガーの可動域を調整出来るトリガーストップ。
まあ、トリガーの裏にネジが付いているだけなんですが
これで射撃時の、ハンマーが落ちた後のトリガー可動量を
変えられます。
好みのフィーリングに変えられるので良いですねー。

20091002_2745562.jpg

トリガーガード前部には、セレイション(滑り止め溝)が
入れられ、銃を両手で保持する時に便利です。
が、トリガーガードの形状が真っ直ぐなので
指の引っ掛かり感がイマイチです。
ソーコムやUSPコンパクトの様に、反り返った形状
だったら良かったのですが。

20091002_2745563.jpg
システム7に移行してから、マガジンは一体形成タイプ。
マガジンフォロアーを一番下でロック出来るので
ローダーが無くても、BB弾を簡単に装てん出来ます。

20091002_2745564.jpg

リアサイトは、上下左右の精密調整が可能な
マイクロメータータイプ。
さらにフロント、リアサイト共に反射防止セレイションが
施されています。

20091002_2745565.jpg
ソーコム用のサイレンサーを装着してみましたが
全長が倍ぐらいになるので・・・・・。
消音効果は、高音域が多少消される位ですかな。
まあ、ブローバックモデルは、どれもそうですが。

20091002_2745566.jpg

アルミパイプ絞り込み成型のサイレンサーは
かなり軽量に作られているので
ブローバク作動への影響も、極僅か。

20091002_2745567.jpg

フロント&リアサイトは、サイレンサー装着時を考えて
背高ノッポになっています。
ので、サイレンサーを装着していても
正確なサイティングが可能です。

20091002_2745568.jpg
ホップアップの調節は、チャンバー部に
専用レンチを装着し、回して行います。
スライドを分解する事なく出来るので便利です。


20091002_2745569.jpg

他のUSPと同様に、グリップ下部内側に
専用の鍵で、銃の作動をロック出来る
ロックアウトデバイスを装備。
いたずら、不正使用を防ぎます。

20091002_2745570.jpg
アウターバレルがノーマルより長く、スライドから
外しにくかったので、無理せず分解は、ここまで。

ダブルコイル・バッファーシステムも、再現されています。

実射

スライドの操作音は、プラスチック感がありイマイチ。
スライドを引いてパッと手を離したときに、ジャチーンっと
カッコ良い音がして欲しいもんです。
実射は、全くの箱出し状態。ですが初めから
素晴らしい集弾性。しかも安定しています。
ただ、着弾が少し左寄りなので、早速リアサイトを
調整しながら、テスト。その流れが、連続写真です。
システム7のブローバックは、力強いリコイルショックと
高速スライドスピードで、かなり満足感高いです。
元々、KSCのなかでも最大級のシリンダーを装備して
いましたが、システム7になって
さらにレスポンスが向上した感じです。


20091002_2745571.jpg
7m  半径2cm刻みの円  0.25gBB弾10発
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/111-24cef564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。