タニオ・コバ VP-70 M - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニオ・コバ VP-70 M

vp70-1.jpg

ブローバックガスガン 
     (バーストストック使用時は、
              3連バースト可能)
可変ホップアップシステム

全長   204mm  (ストック装着時546mm)

重量   840g   (ストック装着時1240g)

装弾数  27発

価格   本体     17,800円(税込み)
      フルセット  28,350円(税込み)


vp70-2.jpg

1970年に発売が開始された、実銃 H&K VP-70の
最大の特徴は、世界で初めて、ポリマーフレームを
採用した事でしょう。
しかも、軍用モデルには専用の脱着式ストックが用意され
ストック使用時には、3ショットバーストが可能になります。
しかし安い国民拳銃がコンセプトのVP-70は、
使用弾は9mmパラベラムですが、部品点数を減らすため、
ショートリコイルしないストレートブローバック方式を
採用しています。
VP-70が商業的に失敗した理由は、いろいろあると
思いますが、私から見れば、やはり近未来的なスタイルと
大きさでしょうねー。

vp70-3.jpg

今見ても弾じゃあなくて、ビームが発射されるのか? と
思わせる形は、やっぱり・・・・・。
しかも、でかい。
なんでスライドが、こんなに大きい必要があるんだ?
と、思ってしまいます。
なので、子供の時から最近まで完全に無視の敬遠
状態でした。
しかし、何故か最近、無性に撃ちたくなってしまったのです

vp70-4.jpg

タニオ・コバの小林氏とVP-70にまつわるストーリーは
今さらなので、割愛させて頂きます。

銃を収納して、ホルスターにもなるストックと
ホルスターとして使用する時に、ストックをベルトに
固定するハーネスプレートが、フルセットに付属します。
しかし、ストックの内側には、銃を保護してくれる
パット類は無いので、銃の出し入れは
スリキズが付かないか、ひやひや物です。

vp70-5.jpg

ストックの装着は、フレームとグリップの二カ所の
凹み部分に、ストックの凸っぱり部分をスライドさせて
取付けます。 (動画参照)

これが、二カ所の溝に同時にはめ込まないと
いけないので、多少コツをつかまないとスムーズに行かず
しかも固い。
特にストックを取り外す時は要注意。
固くて、なかなか外れないので、力を入れてグイグイ
やっていると、いきなりスパッと外れて
運が悪いと、ストックの凸っぱり部分で、手や腕を
引っかいてしまいます。
まあ、接合部はピッタリ固く造らないと、精度が
出ないんでしょうねー。

vp70-6.jpg

ストック側の接合部は、金属パーツで、本体も
グリップ側は、金属パーツなので
剛性感は、あります。
ストックに付いた、セミ・バーストのセレクターは
大きくて使い易いですが、ちょっと固め。

vp70-7.jpg

スライドの質感は、ツルッと目の細かいつや消し仕上げ。
エッジ部分が、少しはげかかった頃が最高にリアル。
トリガー後部のマニュアルセーフティボタンは
大きくて使い易いです。

vp70-8.jpg

ベルトにストックを取付けるための、ハーネスプレートは
色んな向きとサイズに対応するため、穴だらけ。

vp70-9.jpg

一体型ダイキャストマガジンは、マガジンリップまで
一体。なのでBB弾が、給弾時に削れてないか心配。
マガジンキャッチは、グリップ底部にあって
年代を感じさせます。

vp70-10.jpg

VP-70で一番違和感を感じたのが、フロントサイト。
大きくて、白塗りされています。

vp70-11.jpg

VP-70の通常分解は簡単で、トリガーガード上部の
テイクダウンラッチを下げて、スライドを最後まで引いて
後部を持ち上げれば、スライドは外れます。

vp70-12.jpg

ストレートブローバックなので、バレルはフレームに
固定されています。ので、通常分解はここまで。
なんかシンプルですね。

vp70-13.jpg

ホップアップ調節は、チャンバー上部のネジを
六角レンチで回して行います。

vp70-14.jpg

VP-70のインナーバレルには、ツイストバレルが
標準装備されています。
これは、実銃のライフリングの様な溝が掘られ
ている物なのですが、素人考えでは
ホップで縦方向に弾を回転させているのに
横方向にまで、回転させて大丈夫なんかいなーと
思ってしまいますよねー。
でも、適正なホップ調節で、集弾性が向上するそうです。

アウターバレル先端内側には、ネジが切られていて
サイレンサー等が取付け可能です。

実射

グリップの根もと辺りが、随分絞ってあるので
けっこう握り易いのですが、トリガーは特殊な形状で
僅かにグリップから離れぎみな位置なので
すこしトリガーが引きにくい感じを受けます。
ブローバックは、なかなかのリコイルショックで
気持ちよく撃てますねー。
集弾性もそこそこ良くて、安定感があります。


vp70-anime1.gif
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 セミ 10発

ストックを使っての3ショットバーストは
非常に安定感があります。というかセミオートで
1発つ゜つ撃った物より良い結果になるなんて
私の腕前が分かってしまうというもの。
3ショットバーストの集弾性に関しては、
KSC製のM93Rより優秀です。
バーストの作動も正確で、動きも良く、ついつい
撃ちまくってしまいます。
こうなると、ロングマガジンが欲しいところですね。


vp70-anime2.gif

7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 3×4ショット


タニオ・コバ
タニオ・コバ[アメーバビジョン]



スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/109-e1880bec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。