マルシン デリンジャー 8mmBB弾仕様 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルシン デリンジャー 8mmBB弾仕様

 20091002_2745491.jpg

ガスガン

固定ホップアップシステム

全長   125mm

重量   210g

装弾数  2発 (8mmBB弾)

価格   8,190円 (税込み) 
20091002_2745492.jpg 


デリンジャーとは、手のひらサイズの隠し持てる銃を
指す言葉なんですが、私などは、デリンジャーといえば
この銃しか、頭に浮かびません。
このダブルデリンジャーが生まれたのが
1866年頃ですので、かなり歴史のある銃なんですねー。 
20091002_2745493.jpg 


マルシンのデリンジャーには、6mmBB弾仕様と
8mmBB弾仕様があり、色も通常のブラックに加え
シルバーとゴールドが有ります。
マルシンのホームページのカタログを改めて見ると
ゴールド色が見あたらないので、もしかしたら
廃盤になったのかも・・・・。
でも、普通じゃあ許せないゴールド色も、デリンジャー
なら許せてしまうのは、なぜなんでしょう?
んー、2つの銃口から覗くライフリングが
なんとも良いですねー。 

20091002_2745494.jpg 


弾を込めるには、銃身を跳ね上げなければいけません。
トリガーの横にあるレバーを180度回せば
バレルロックが解除されます。
このレバーは、セイフティも兼ねていて、写真の位置が
セイフティ。
撃つためには、もう一段時計回りに、スライドさせる
必要があります。 
20091002_2745495.jpg 


銃身を跳ね上げて、BB弾を上下に1発づつ込めます。
カート式ではありませんが、大きな8mmBB弾を
込めていると、妙にリアリティを感じてしまいます。 
20091002_2745496.jpg 


ガスは、グリップ底部から注入します。 

20091002_2745497.jpg 


グリップは、厚みがあって想像していたよりは、
持ちやすい印象。
まあ小指は完全に遊んでますし、私の場合でいえば
薬指も半分掛かっている程度なので、それなり。 
20091002_2745498.jpg 


バレルを覗くと、当たり前ですが、ただの筒。
でもこれって、なんだかリアルですよねー。
ここに弾を一発づつ込めて、チマチマ撃つ。
二発撃ったら、また銃身を跳ね上げて
弾を込めて撃つ。チマチマと・・・。
何でもない事だけど、なんだか楽しい・・・このチマチマ感。 
20091002_2745499.jpg 


バレル上部には、マルシンの刻印が。
リアルでは無いですが、結構良いアクセントに
なっていると思います。

実射

銃を持った手で、ハンマーのコッキングはやり易く
トリガーも丁度よいテンションで、好感が持てます。
トリガーガードが無く、必然的にストロークも短い
トリガープルが、軽すぎると危ないですし
重すぎると、幻滅してしまいますからね。

7mでの的撃ちは、多少の狙点の修正が必要でしたが
集弾性は、想像以上でした。
まあ、至近距離での護身用というデリンジャーには
無意味だったかな。
小さいけど、以外なほどのポテンシャルを持った
デリンジャーでした。 

20091002_2745500.gif 

7m  半径2cm刻みの円 0.35g-8mmBB弾10発

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/105-c469f792

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。