タナカ SIC 93 - エアガン レビューーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タナカ SIC 93

sic93-1.JPG

ブローバックガスガン (セミ/フル)

可変ホップアップシステム

全長   247mm

重量   850g

装弾数  36発

価格   14,490円 (税込み)

sic93-2.JPG

タナカのM93R。その存在を知ったときは衝撃的でした。
特に私は、フルオート中毒なもので
一気にテンションが、あがってしまいました。
しかし、名前が・・・・SIC??・・・って何???
早速ネットで検索してみると、タナカが台湾製を
輸入して販売しているとか、限定販売だとか、性能が
イマイチで、ネットショップで激安販売しているとか・・・・・
んー怪しい匂いがしてきました。
でも、そういう物に飛びついてしまうんですよねー
私って !!

sic93-3.JPG

と、言うわけで激安購入してしまいました。
ネットショップでも、販売価格は様々なのですが
倍以上の価格差がありますので
購入予定の方は、要検討です。

購入してみると、確かに国籍不明で異様な感じ。
元箱には、販売しているタナカのシールが貼られて
タナカが作った取扱説明書も中に入っていますが
箱にも銃にも、メイドイン~の文字は無く
特に銃には、刻印が全く無い。

sic93-4.JPG

この超シンプルさは、KSC製M93R-AGシリーズの
コストダウンモデル、タイプCと似ていますね。
フルオートとセミオートのみで、3ショットバースト機能を
搭載していないのも、同じです。
定価では、KSCが約2,000円ほど高いですね。

しかし、ほんとに真っ黒で無国籍感たっぷりです。
少し雑な仕上り感ですが、外観は塗装もされています。
KSCのABSモデルの仕上げの様な、少し艶がある感じ。

sic93-5.JPG

フロントサイト、リアサイト共、色は入って無く
シンプル。
特別見にくいとは、感じません。が、殺風景ですねー。

sic93-6.JPG

セミ/フルのポジションにも、色入れは無し。
唯一の色入れは、マニュアルセイフティの赤丸のみ。
ちなみにセレクターポジションは、1つ丸の位置で
セミオート、写真の3つ丸の位置でフルオートになります。

sic93-7.JPG

マガジンは、ダブルカラムで
マガジンリップの部分までBB弾が二列になっている
タイプ。これでマガジンフォロアーの溝が無いタイプ
だったら、ローダーが無いとBB弾の装てんが
非常に難しいですが、フォロアーを指で下げられる
ので、ローダー無しでも、比較的簡単に装てん出来ます。
しかし、装弾数が36発なので、ローダーを使うのが
一番早いですがね。

sic93-8.JPG

フォアグリップは、精度良く作られていて
今の所、がたつき等は、一切ありません。
しっかり塗装もされていて
KSC製より、銃本体とのマッチングは良い様に
思いますね・・・個人的に。


sic93-9.JPG

パーティングライン(貼り合わせ痕)は未処理で、
しっかり残っています。
トリガーガードは外も内側もラインが良く分かります。

sic93-10.JPG

通常分解は、いたってスムーズに行えます。
フレーム右側のリリースボタンを押して、テイクダウン
ラッチのロックを解除した状態にして
テイクダウンラッチを下に下げると
スライドが、スルスルと前方に抜けます。

sic93-11.JPG

ホップアップ調節は、チャンバーの底部にある
ネジをドライバーで回して行います。
でも、精密ドライバーは、付属していません。

実射

スライドの操作感は、悪くなくスムーズな動きです。
セレクターやセイフティレバーの固さは
使い込めば、緩くなるかもしれません。
ブローバックは、想像以上にズンッと重いリコイルショツク
です。
ただし今は2月初旬で、ガスガンには最悪の季節なので
マガジンをたっぷり暖めての話です。
ブローバックスピードは、さすがにKSC M93R-2と
比べると、全然遅いですが、遅すぎることは、ないです。
特筆すべきは集弾性で、意外にといっては失礼かも
しれませんが、安定して纏まっています。
これは、嬉しい誤算ですねー。
勿論これは、的まで7mでの話です。


sic93-12.JPG
7m半径2cm刻みの円 0.25gBB弾セミオート10発

セミオートは、とても快調作動だったのですが
フルオートになると、作動が一変してしまいました。
ちゃんと連射する時もあるのですが
殆ど2~10発位で止まってしまいます。
原因は、ブローバックしたスライドが戻りきらず
あと数ミリの所で止まってしまうため。
マガジンを外して、トリガーを引いたまま、手でスライドを
動かしてみると、勢いよくスライドを戻すと
スライドは、ちゃんと戻りハンマーが叩きますが
ジワッとゆっくりスライドを戻すと、少し手前で止まってしまい
ハンマーは、動きません。
そして、トリガーを戻すと、スライドが前進して
元の状態になります。


sic93-13.JPG
7m半径2cm刻みの円 0.25gBB弾フルオート20発

勢いよくスライドが戻れば、正常に作動しそうなので
暖かな季節になって、ブローバックが元気になるのを
待つしかないのでしょうか ?
セミオートがじつに良い感じだったたけに
なんとかしたいなー、なんとかならんかなー。
ちなみに、パーワー的には
0.25gBB弾で、初速71m/s 0.63ジュールと
極普通といったところです。




 


タナカワークス Sic93 ガスガン12,800円

 



関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://airgunnet.blog25.fc2.com/tb.php/100-66ea5a9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。